Help us understand the problem. What is going on with this article?

rm -rf /は実行されないのが正しい?

More than 3 years have passed since last update.

いくつかのUnixプラットフォームではrm -rf /はエラーになり実行されない。これは余計なおせっかいで実行されるべきだと言う人もいるが、最新のPOSIXに従うのなら「実行されない」のが正しい。POSIX.1-2008ではrmについて、「引数がルートディレクトリを指しているなら、標準エラーに診断メッセージを出力して、それ以上何もしてはならない」と定めている。

if an operand resolves to the root directory, rm shall write a diagnostic message to standard error and do nothing more with such operands.

POSIX.1-2004にはこの記述はないので、最新の規格に従ってないrmではrm -rf /が普通に実行される可能性がある。

実装を調べてみると、2003年12月にリリースされたcoreutils 5.1.0以降のrmでは、--no-preserve-rootオプションを付けない限りrm -rf /は実行されない。すべての現役のLinuxディストリビューションではrm -rf /は実行されないと言っていいだろう。FreeBSD 5.5以降やSolaris 10以降でもrm -rf /は実行されない。しかし、それ以外のプラットフォームでは実行されてしまうようだ。

最新の規格としてはrm -rf /は実行されないことになっているけれども、実行されるプラットフォームも多いので当てにしないほうがいいということになる。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away