Git
GitHub
Heroku

Herokuデプロイを簡単にするGit史上最低のコマンド

More than 3 years have passed since last update.


概要

PaaSのHerokuを使ってWEBサービスやアプリのサーバーを運用しています。個人開発のサービスでは修正して(テスト無しで・・・)とにかく早くデプロイしてしまいたい、という時がたくさんあります。(あると思います)

そんな時、これまでは


git add .

git commit -m "commit message"

git push heroku master


という3行のコマンドを打たなければなりません。テスト環境になんかアップせずいきなり本番ですし、commitの粒度なども無視しています。commitのメッセージも適当に書いてしまうこともあります。

そんなクソ開発環境においては、3行のコマンドすら面倒くさいのです。そこで、Git史上最低のコマンドではないかと思っていますが、これをたった5文字で完結させるgitのサブコマンドを公開します。それが、

git uh

です。git update herokuを省略して、git uhとしました。

中身は

git add -A && git commit -m 'latest commit' && git push heroku master

と、そのまま連結しただけです。

しかし・・・これはかなり作業効率がアップします。ぜひGit史上最低のコマンドをお試し下さい。


配布場所

https://github.com/naoya0731/git-uh


設置方法

git --exec-path

をコマンドラインで打ち、設置場所を確認し、そのフォルダ内に git-uh ファイルを置きます。

chmod +x <ファイルのパス>

とします。

すると

git uh

使えます。

糞コマンドお試しください!

PS ブログもやっています

http://naoyaf.com/?p=19