Help us understand the problem. What is going on with this article?

良く使うパスワードを保存しておいて、パスワード枠で【F1】を押せば保存しておいたパスワードを自動入力させる

More than 1 year has passed since last update.

;↓メニューを有効にしたい場合は先頭の【;】を削除
;===============================================
;Menu , skojima , Add , (&F1) → PW【自動入力】,F1_
;Menu , skojima , Add ;
;Menu , skojima , Add , (&F3) → PW【事前登録】【登録中のPWを確認】,F3_
;Menu , skojima , Add ;
;Menu , skojima , Add , (&F12) →【このメニューを表示】 【ESC】→閉じる Ver.2019-11-12,F12_
;return
;===============================================
;F12::
;F12_:
;Clipboard =
;Menu , skojima , show ; , 10 , 10
;↑メニューを有効にしたい場合は先頭の【;】を削除

;【重要】マイドキュメント内に暗号化されていない SendPW.ini に直接パスワードを保存するので自己責任でご使用下さい。

msgbox,,,【 F1 】 PW入力枠で→PWを自動送信 【 F3 】 パスワードを設定・更新    【重要】これは無保証です! By Skojima@kuhen.jp,10

IfNotExist, %A_MyDocuments%\SendPW.ini
{
msgbox, マイドキュメントにPW保存用 【%A_MyDocuments%\SendPW.ini】 がありません!

send , {F3}

}

return

F1::
F1_:
IfNotExist, %A_MyDocuments%\SendPW.ini
{
msgbox, マイドキュメントにPW保存用 【%A_MyDocuments%\SendPW.ini】 がありません!
msgbox, 【 F3 】を押して、事前送信パスワードを登録してから【 F1 】を実行!
}
Else
{

IniRead, sec1_key1,%A_MyDocuments%\SendPW.ini, sec1, key1

;msgbox,%sec1_key1%

IfEqual, sec1_key1,ERROR
{

msgbox, パスワードが登録されてません!  【 F3 】で設定してください!
}
else
{
Sleep,500
Send,%sec1_key1%
Sleep,500
Send, {Enter}
}

}

return

F3::
F3_:

IfNotExist, %A_MyDocuments%\SendPW.ini
{
FileAppend,,%A_MyDocuments%\SendPW.ini
msgbox, 今から送信PW保存用として 【%A_MyDocuments%\SendPW.ini】 を作成します!
}

IniRead, sec1_key1,%A_MyDocuments%\SendPW.ini, sec1, key1

IfEqual, sec1_key1,ERROR
{
}
else
{
msgbox,現在のPW:【 %sec1_key1% 】  次の画面で新しいPWに更新出来ます!
}

InputBox, PW_var,PWを事前登録,自分のログイン用「パスワード」を入力,,360,150

If ErrorLevel = 0
{
IniWrite, %PW_Var% , %A_MyDocuments%\SendPW.ini, sec1, key1
IniRead, sec1_key1,%A_MyDocuments%\SendPW.ini, sec1, key1
msgbox,登録パスワードは【 %sec1_key1% 】です。 PW入力画面の枠をクリックしたら【 F1 】を押す!
}
Else
{
MsgBox,キャンセル:パスワードは更新しませんでした!
}

return

flhtc1964
https://kuhen.org/ndb 1964年生まれ。 データベースで使う汎用テーブルを1個だけで全部処理する研究を続けています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away