Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Update 6/2-6/24

最近AWSに少し飽き始めてバイクに時間を使っていました。
ですが、バイクに飽き始めたのでAWSに戻ります。
アップデート追って行きましょうーーーー!!!

6/2

AWSデータ移行サービスは、リレーショナルソースからAmazon Neptuneへのグラフデータのコピーをサポートするようになりました

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/aws-data-migration-service-now-supports-copying-graph-data-from-relational-sources-to-amazon-neptune/

Amazon AthenaでメタデータカタログとしてApache Hiveメタストアを使用する

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/use-apache-hive-metastore-metadata-catalog-amazon-athena/

Amazon Redshiftのスキーマのストレージ管理を発表

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/announcing-storage-controls-for-schemas-amazon-redshift/

Amazon Redshiftは、コンパイル時間を大幅に改善することにより、コールドクエリのパフォーマンスを向上させます

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/amazon-redshift-now-delivers-better-cold-query-performance/

AWS Systems Manager Explorerに、代理管理者アカウントのサポートが追加され、複数のアカウントとリージョンの運用データを表示できるようになりました

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/aws-systems-manager-explorer-now-adds-support-for-a-delegated-administrator-account-to-view-operational-data-across-multiple-accounts-and-regions/

AWS組織のマスターアカウントに加えて、組織の委任された管理者アカウントから、複数のアカウントとリージョンにわたるAWS Systems Manager Explorerの運用データを表示できます。これにより、組織全体の運用データの表示と問題の調査に専用の運用アカウントを割り当てることができるため、セキュリティと柔軟性が向上します。

組織のマスターアカウントは、同じ組織内の1つのメンバーアカウントを委任管理者として指定できるようになりました。委任された管理者は、複数のアカウントとリージョンのデータを集約し、AWSコンソールで、またはAWS SDKまたはCLIを使用して、このデータを検索およびフィルタリングできます。

Amazon Elasticsearch Serviceのクロスクラスター検索サポートの発表

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/announcing-cross-cluster-search-support-for-amazon-elasticsearch-service/

Amazon Elasticsearch Service(Amazon ES)でクロスクラスター検索がサポートされるようになり、単一のクエリまたは単一のKibanaインターフェイスから、複数のAmazon ESドメインにわたって検索、集計、視覚化を実行できるようになりました。この機能を使用すると、異種ワークロードを複数のドメインに分離できます。これにより、リソースの分離が向上し、特定のワークロードに合わせて各ドメインを調整して、可用性を向上させ、コストを削減できます。

6/3

S3アクションのアクセス履歴を使用して、IAMユーザーとロールのS3権限を強化する

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/tighten-s3-permissions-iam-users-roles-access-history-s3-actions/

Amazon RDS for MySQLはマイナーバージョン8.0.19をサポートします

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/amazon-rds-for-mysql-supports-minor-version-8-0-19/

MySQL互換のAuroraでDatabase Activity Streamsが利用可能になりました

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/database-activity-streams-now-available-for-aurora-with-mysql-compatability/

MySQL互換のAmazon Auroraのデータベースアクティビティストリームは、リレーショナルデータベース内のデータベースアクティビティのほぼリアルタイムのストリームを提供します。Database Activity Streamsは、サードパーティのデータベースアクティビティ監視ツールと統合すると、データベースアクティビティを監視および監査して、データベースを保護し、コンプライアンスや規制の要件を満たすことができます。

Aurora PostgreSQLでデータベーストランザクションストリームを使用する

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/AuroraUserGuide/DBActivityStreams.html

AWS Direct Connectでフェイルオーバーテストが可能に

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/aws-direct-connect-enables-failover-testing/

6/4

AWS Configが9つの新しいマネージドルールをサポート

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/aws-config-supports-9-new-managed-rules/

SNS_ENCRYPTED_KMS:Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)がAWS Key Management Service(AWS KMS)で暗号化されているかどうかを評価します。

SECURITYHUB_ENABLED:AWSアカウントでAWS Security Hubが有効になっているかどうかを確認します。

S3_DEFAULT_ENCRYPTION_KMS:アカウントのAmazon S3バケットがAWS Key Management Service(AWS KMS)で暗号化されているかどうかを確認します。

S3_BUCKET_DEFAULT_LOCK_ENABLED:Amazon S3バケットのデフォルトロックが有効かどうかを確認します

REDSHIFT_REQUIRE_TLS_SSL:アカウントのAmazon RedshiftクラスターがSQLクライアントに接続するためにTLS / SSL暗号化を必要とするかどうかを確認します。

RDS_SNAPSHOT_ENCRYPTED:Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)DBスナップショットが暗号化されているかどうかを確認します。

EC2_EBS_ENCRYPTION_BY_DEFAULT:デフォルトでAmazon Elastic Block Store(Amazon EBS)暗号化が有効になっていることを確認します。

DYNAMODB_TABLE_ENCRYPTED_KMS:Amazon DynamoDBテーブルがAWS KMSで暗号化されているかどうかを確認します。

DYNAMODB_PITR_ENABLED:ポイントインタイムリカバリ(PITR)が有効になっていて、Amazon DynamoDBテーブルデータの継続的なバックアップが提供されていることを確認します。

AWS CloudEndure Migration Factoryソリューションの紹介

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/introducing-aws-cloudendure-migration-factory-solution/

AWS CloudFormation Resource ImportがCloudFormationレジストリタイプをサポートするようになりました

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/aws-cloudformation-resource-import-supports-cloudformation-registry-types/

これ多分既存環境のリソースを自動でレジストリに追加できるのか不明なので便利なのかわからん。
レジストリに追加されたものをインポートできるのは良い機能だと思われる。

Amazon Elasticsearch Serviceでのリアルタイムの異常検出サポート

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/real-time-anomaly-detection-support-amazon-elasticsearch-service/

Amazon Elasticsearch Serviceが異常検出を提供するようになりました。これは、機械学習を使用してリアルタイムストリーミングデータの異常を検出し、問題が発生したときにそれを特定して、すぐに軽減できるようにします。この新機能は、リアルタイムストリーミングで実証済みのアルゴリズムであるRandom Cut Forests(RCF)に基づいて構築されており、ドメインに依存しないため、幅広いログ分析アプリケーションに最適です。

新しい異常検出機能には、異常の原因となったデータとイベントへのコンテキストを提供するKibanaユーザーインターフェイスが含まれており、機械学習の知識に関係なく、すべてのユーザーが機能から価値を簡単に引き出すことができます。異常検出をアラートと併用して、外れ値が検出されたときに通知をトリガーできます。

AWS Elastic BeanstalkがAmazon Linux 2ベースのTomcatプラットフォームの一般提供を発表

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/aws-elastic-beanstalk-announces-general-availability-of-amazon-linux-2-based-tomcat-platforms/

Amazon Linux 2オペレーティングシステム上に構築された新世代のTomcat Elastic Beanstalkプラットフォームを使用して、AWS Elastic Beanstalkでアプリケーションを実行できるようになりました。

Amazon Linux 2プラットフォーム上の新世代のTomcatには、Open Java Development Kit(OpenJDK)の無料の製品版ディストリビューションであるAmazon Correttoが付属しています。これらのプラットフォームは静的ファイルプロキシをサポートし、4つのプラットフォームブランチで提供されます。Corretto11を搭載したTomcat 8.5、Corretto 8を搭載したTomcat 8.5、Corretto 11を搭載したTomcat 7、Corretto 8を搭載したTomcat 7です。AmazonLinux 2ベースのElastic Beanstalkプラットフォームの詳細については、このブログ投稿。

VP8およびVP9ビデオのWebM出力がAWS Elemental MediaConvertで利用可能になりました

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/webm-outputs-with-vp8-and-vp9-video-now-available-with-aws-elemental-mediaconvert/

AWS Elemental MediaConvertに、VP8またはVP9ビデオとVorbisまたはOpusオーディオを使用してWebM出力をエンコードする機能が追加されました。この追加により、ブラウザーベースおよびモバイルデバイスの再生用にビデオを配信するためのフォーマットを選択する際の選択肢が広がります

EMRノートブックから直接EMRクラスターにカスタムカーネルとデータサイエンスライブラリをインストールする

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/install-custom-kernels-data-science-libraries-emr-clusters-directly/

EMR Notebooksは、フルマネージドのJupyterベースのノートブックをデータサイエンティストに提供するマネージドサービスです。

PostgreSQL互換のAmazon AuroraはT3.largeインスタンスをサポートします

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/amazon-aurora-with-postgresql-compatibility-supports-t3large-instances/

6/5

Amazon AuroraはPostgreSQLバージョン11.7、10.12、および9.6.17をサポートし、PostgreSQL 11.7のグローバルデータベースを追加します

s-postgresql-versions-117-1012-and-9617-and-adds-global-database-for-postgresql-117/

Amazon Aurora PostgreSQLグローバルデータベースがマネージドリカバリポイント目標(RPO)をサポート

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/amazon-aurora-postgresql-global-database-supports-managed-recovery-point-objective-RPO/

6/8

Amazon Connectは「Get queue metrics」ブロックにチャネルによるフィルタリングを追加します

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/amazon-connect-adds-filtering-by-channel-to-the-get-queue-metrics-block/

Amazon RedshiftがAmazon S3の外部テーブルへの書き込みをサポートするようになりました

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/amazon-redshift-now-supports-writing-to-external-tables-in-amazon-s3/

CDN承認を使用してAWS Elemental MediaPackage VODエンドポイントを保護する

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/secure-aws-elemental-mediapackage-vod-endpoints-using-cdn-authorization/

AWS MediaServicesについて
https://qiita.com/fjisdahgaiuerua/items/8ed835c4b450b8c8ca56#medialive--mediapackage--mediastore-%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91

CloudWatch Application InsightsがMySQL、Amazon DynamoDB、カスタムログなどをサポートするようになりました

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/cloudwatch-application-insights-supports-mysql-amazon-dynamodb-custom-logs-more/

6/19

AWS Elemental MediaLiveはライブチャンネルの入力切り替えを改善します

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/aws-elemental-medialive-improves-input-switching-for-live-channels/

Amazon Aurora Global Databaseはリードレプリカ書き込み転送をサポートしています

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/amazon-aurora-global-database-supports-read-replica-write-forwarding/

ELBライフサイクルイベントが、複数のターゲットグループに登録されたAmazon ECSサービスで利用できるようになりました

https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2020/06/elb-lifecycle-events-now-available-with-amazon-ecs-services-registered-with-multiple-target-groups/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした