debug
ARM
Community
ds-5

DS-5を使ってデバッグ

More than 1 year has passed since last update.

この記事はARMのボード上でDS-5を使ってデバッグの手順を載せます。

英語版:
中国語版:

The Arm Development Studio 5 (DS-5) Community Edition
DS-5はArm Development Studio 5の略称です。DS-5はコミュニティバージョン(無料)と商用バージョン(有料)があって、本記事はDS-5コミュニティ バージョンのことを記載します。

DS-5って何?

詳細は下記のリンクで記載します。

DS-5コミュニティ バージョンを使って、rasberryボード上でデバッグを行います。

1. DS-5をダウンロードとインストール

下記は公式のDS-5のダウンロードページです。
https://developer.arm.com/products/software-development-tools/ds-5-development-studio/editions/community-edition

"Download DS-5 Community Edition"をクリックし、簡単な情報を登録して、ダウンロードリンクをメールで送られます。

ダウンロードファイルのサイズは450MBぐらいです。

DS5バージョン 5.27.0

アーカイブを解凍して、install.shスクリプトを実行します。
インストールtermを同意し、"yes"を入力し、インストールを始まります。
インストール後、起動メニューでDS-5のアイコンを見つかって、クリックすればDS-5を起動します。
Screenshot from 2017-08-03 19:37:37.png

起動後の画面
Screenshot from 2017-08-03 19:38:14.png

最初はワークスベースを指定します。
Screenshot from 2017-08-03 19:41:42.png

起動後の画面
Screenshot from 2017-08-03 19:47:13.png

2. Hello worldを試す

最初はHello Wolrdのプログラムを試してDS-5を使い始めます。

ファイル -> 新規 -> プロジェクト

Screenshot from 2017-08-03 20:04:34.png
プロジェクト名 "hello world"
プロジェクトの種類 空のプロジェクト
ツールチェイン Linux GCC

DS-5のツールチェインがなければ、ここでツールチェインの選択はLinux GCCしか表示されてないです。
事前にDS-5のツールチェインのインストールが必要です。
( DS-5のツールチェインの追加方法は下記の記事で載せます。)

コンパイラーをダウンロードします。
https://developer.arm.com/products/software-development-tools/compilers/arm-compiler/downloads/version-6

追加方法
[Windows] > [環境設定]を選択します。次に、[DS-5] > [Toolchains]を選択します。

Screenshot from 2017-08-17 13:43:43.png

構成の選択
Screenshot from 2017-08-03 20:13:53.png
最後は"終了"ボタンをクリックし、プロジェクトを作成します。

作業画面

この画面で、コーディングやデバッグなどを操作できます。

"Hello World, DS-5"の内容を出力します。

3. ARMをビルド

ARMのツールチェインを追加します。

Screenshot from 2017-08-17 14:09:13.png

Screenshot from 2017-08-17 14:21:56.png

コンソールで"Hello World!!"を出力します。

4. アプリケーションをデバッグしてみる

5. ああああ

6.その他

まとめ