Git

【Git】チーム開発まとめ


チーム開発1年目のオレがGitに苦戦しまくって調べまくった経験からGitコマンドをわかりやすくまとめてみた


git cloneまとめ

リポジトリのコードをローカルにコピー

$ git clone https://github.com/RepositoriesURL

gemのインストール

$ bundle install

データベースの作成

$ bundle exec rails db:create

データベースにテーブルを作成

$ bundle exec rails db:migrate

※その他

seedファイルの実行(seed.rbにあるデータをデータベースに格納)

$ rails db:seed


git branchまとめ

ローカルブランチの作成

$ git branch ブランチ名

ブランチの切り替え

$ git checkout ブランチ名

上2つを同時に行う

$ git checkout -b ブランチ名

masterの情報を統合する

$ git rebase master

ローカルブランチの確認

$ git branch

リモートブランチの確認

$ git branch -r

全ブランチの確認

$ git branch -a

ローカルブランチ名の変更

$ git branch -m 旧ブランチ名 新ブランチ名

ローカルブランチの削除

$ git branch -d ブランチ名

ローカルブランチの強制削除

$ git branch -D ブランチ名

リモートブランチの削除

$ git push --delete origin ブランチ名


git addまとめ

※git addとはファイルの変更をステージする事

リポジトリの初期化(初addの前にやる)

$ git init

変更したファイルを指定して追加する

$ git add ファイル名

変更したファイルを追加する

$ git add -u

ファイルの全てをadd

$ git add .

または
$ git add *
または
$ git add -A

すべてのCSSファイルをadd

$ git add *.css

addしてしまったファイルを指定してリセット

$ git reset HEAD ファイル名

間違ってaddしてしまった全addを取り消す

$ git reset

addしたファイルの確認

$ git status

add取り消し前と取り消し後のファイル(履歴)の削除

前者Changes not staged for commit:

後者modified:

$ git checkout .

これやっとくとconflictが起きにくい

上でも消せないUntracked filesの削除

$ git clean -n     //削除するUntracked filesを確認

$ git clean -f //Untracked filesを削除


git commitまとめ

$ git commit -m "任意のコメント"              //普通のcommit

$ git commit -am "任意のコメント" //addとcommitの一括処理
$ git commit --amend //commitしたファイルに、別のaddを追加するとき
$ git commit -a -m "任意のコメント" //(-aオプションは変更を自動検出してくれる)
$ git commit -a //変更のあったファイル全部

[commitの取り消し]
$ git reset --soft HEAD^ //直前のワークディレクトリの内容を保持し取り消す
$ git reset --hard HEAD^ //commitを取り消す

$ git status                             //commitしたファイルを確認する


git pushまとめ

$ git push origin リモートリブランチ名         //普通のpush

//※注意:ローカルブランチ名とリモートブランチ名が合致してないとpushできない

$ git push -u origin リモートリブランチ名 //これをすると次回からgit pushだけで指定したリモートリブランチにpushされる

参考

https://qiita.com/syougun360/items/013229aeddec08121474

https://qiita.com/konweb/items/621722f67fdd8f86a017