LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

「Windows 11」導入するならエディションによる違いを最低限知っておこう

Posted at

図1.jpg

Windowsアップグレードによる「Windows 11」にする以外に、
とうとう「Windows 11」自体が「Microsoft Store」にて販売が開始されました!
エディションによる違いを理解して、必要なエディションを購入しましょう。

「Windows 11」で購入可能なエディションと価格

Windows 11 Home ja-JP(19,360円)
Windows 11 Pro ja-JP(28,380円)

※上記以外に価格が少し安めのDSP版のWindows11があります。
DSP版とは、自作用途向けにLANカードなどとセットでWindowsが販売されているもの。
この場合はパーツを組み込んだPCにセットで購入したWindowsをインストールし、使用しなければいけません。

Windows 11 HomeとWindows 11 Proで利用可能な機能

利用用途に応じた必要な機能があるかを確認し、必要なエディションを選定しましょう。

機能 Windows 11 Home Windows 11 Pro
BitLocker によるデバイス暗号化
デバイスの暗号化
デバイスを探す
ファイアウォールとネットワーク保護
インターネット保護
保護者による制限と保護
セキュア ブート
Windows Hello
Windows 情報保護 (WIP)
Windows セキュリティ
割り当てられたアクセス
動的プロビジョニング
Azure による Enterprise State Roaming
グループ ポリシー
キオスク モードのセットアップ
ビジネス向け Microsoft ストア
MDM (Mobile device management)
Active Directoryのサポート
Azure Active Directory のサポート
ビジネス向け Windows Update
Auto HDR
Microsoft Teams からのチャット
デスクトップの整理
DirectStorage
Microsoft Store
Microsoft Teams
新しい絵文字
「フォト」アプリ
シームレスな再ドッキング
スナップ アシスト
タッチスクリーン
アップデート
ウィジェット
ARM 版 Windows

DSP版を検討する際の注意

ユーザー自身がPCメーカーとなる自作PCにおいて、ハードウェアのバンドル品としてセットで購入してDSP版を入手するため、サポートはPCメーカーが担当することになります。
マイクロソフトのサポートは受けられません。

Windows 11 Proにだけあるダウングレード権

Windows 11 Proにだけ「以前のWidows OSへのダウングレード権」が付属しています。

例えば、Windows11で動かないソフトがあり、過去のバージョンに戻らざるを得ない場合、Windows 11 pro を購入していれば、無償で(古いOSを購入することなしに)過去のOSに戻して使用することもできます。

ダウングレードできる過去バージョンは、Windows 10 Pro、Windows 8.1 Pro、Windows 7 Professionalになります。

Windows 10 からWindows 11へは無償でアップグレード可能

Microsoftからの発表では、「対象となるシステムに対する無料アップグレードに特定の終了日は設けていません。しかし、Microsoft は無料アップグレードに対するサポートをいずれ終了する権利を留保します。この終了日が 2022 年 10 月 5 日より前になることはありません。」1と記載されています。いずれ終了するものと考えておくべきでしょう。

Windows10のサポート切れに伴うWindows11への移行に注意!

※ 注意点は以前の記事をご参照ください。

  1. Windows 10 から 11 へのアップグレード無償期間について

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0