Help us understand the problem. What is going on with this article?

Node.js バージョン管理nodenvを使ってみる

nodeのバージョン管理についてnというものを使ってみたが、
今回CentOs環境で別のnodenvを使ってみることにしました。

バージョン管理には他にも、
nodebrewがありますが、nodenvだとディレクトリごとにバージョンが変更できるみたいです
※ ついでに、win機はNodistというのがあるみたいです

anyenv インストール

anyenv」というツールを用いてインストールします

[vagrant@vagrant ~]$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv

パスを通して設定します

[vagrant@vagrant ~]$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
[vagrant@vagrant ~]$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
[vagrant@vagrant ~]$ exec $SHELL -l

こちらを実行すると以下のようにでました。

ANYENV_DEFINITION_ROOT(/home/vagrant/.config/anyenv/anyenv-install) doesn't exist. You can initialize it by:
> anyenv install --init

指示通り初期をおこないます

anyenv install --init

nodenv インストール

anyenvを使用し、nodenvをインストールします

anyenv install nodenv
exec $SHELL -l

以下のコマンドを実行できたら成功です

nodenv

バージョンを切り替え

欲しいnode.jsのバージョンを以下のコマンドでインストールします

nodenv install 12.19.0

切り替えます

nodenv local 12.19.0

参考URL
https://qiita.com/tonkotsuboy_com/items/5322d226b6783d25b5df

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away