Help us understand the problem. What is going on with this user?
Eiji MATSUMOTO
@emattsan
ソフトウェアエンジニア、言語オタク
Organizations
Comments
Elixir で書きました。 会場で書いた力業法(多分全部解けると思うのだけれど timeout を 5 分にしても三つほど時間ぎれになる)。 https://github.com/mattsan/...
Elixir で負けたので Prolog で解いてみました。 解法は会場ででていたオーソドックスな方法です。 述語を動的に定義することでメモ化を実現しています。 https://gist.githu...
会場で Elixir で書ききれなかったものを、少なくとも回答を出せるところまで書いてみました。 - とにかく最後まで書いてみた - → セルを一度に抱えすぎてメモリ不足で敗北 - セルの値...
いまさらながら Prolog で書きました。 https://gist.github.com/mattsan/dbfb0a2582db55cc8107a69bde9f6da3 先に Ruby や El...
Elixir で書き直してみました。文字列の分解/連結のところが Elixir っぽくなっています。 https://gist.github.com/mattsan/dd9ae4f4c2569e52...
Ruby で。どうにか時間いっぱいで。 https://github.com/mattsan/orde29_ruby
会場で玉砕して、混乱の果てに書き直してどうにか通りました。 増築のたびに部屋のサイズの単位を拡張するというアイディアはそのままですが、サイズを記憶しておく代わりに各部屋の対角の北西、南東の 2 点を記...
C++ で書いたコードを Prolog で書き直してみました。 https://qiita.com/emattsan/items/3156b752d26bb1bef31b 手元のマシンで 15 秒...
標準で permutation あったよ…。 http://www.gprolog.org/manual/gprolog.html#sec215
会場では方針を間違えたのと思いついたアイディアをコードにできなかったのとで惨敗。 帰宅してから、力業だけで解いてみたらどうなるだろうと思い立って C++ でやってみました。 C++ の速さを再認識し...
本番前日の夜に。Prologで。 https://qiita.com/emattsan/items/7815cc3ce62552aba3f8 最初、Elixir で書いて 70 分ぐらいかかりまし...
Elixir で書きました。 https://github.com/mattsan/orde25
Elixir で。 時間内に解けなかった方: https://github.com/mattsan/ord24e/tree/master/ex_orde24 全候補のリストを先に作るという無謀なこ...
綺麗に書けそうだったので Prolog で書いてみました。もう一段階綺麗になりそうな予感があるんですが今のところこれ以上のアイディアがありません。 解法は鍋谷さんの方法のアイディアを使わせてもらいまし...
会場で Elixir で Elixir っぽくないコードを書きました。40 分くらい。 https://github.com/mattsan/ord23e/blob/master/lib/ord23e...
当日 Elixir で書きました。 https://gist.github.com/mattsan/7bf01182aa42a62a2ae87016d500edeb ナイーブな実装で力業で 19 ...
Prolog で書きました。思ったより綺麗に書けていないのは私の Prolog 力が不足しているため…。 https://qiita.com/emattsan/items/7af5ae31b6c6a1...
久々に時間内に解けました(嬉しい)。 https://gist.github.com/mattsan/310e3c9614a33cbd39b37920671eddff
あー、これは冗長だったかー。 ```ruby (x.to_s(2).to_i + y.to_s(2).tr('1', '2').to_i).to_s.to_i(3) ``` これでよいんだ。 `...
鍋谷さんの解法を自分なりに解釈してもっかい書いてみました。Ruby です。 http://qiita.com/emattsan/items/a63f23eb5d8eecac11e6
Ruby で。10 分ぐらいオーバーで、サンプルデータはどうにかパスできるようになりました。 https://gist.github.com/mattsan/3ae74beca67ee844d8ae...
Prolog のコードを整理し直しました。 コメントを加えました。 http://qiita.com/emattsan/items/d17ca3bb14f43e7f1f82
答え合わせの時に「パタンマッチで解けるのでは?」という話が出たので、パタンマッチで解いてみました。Prolog で。 思いのほかコンパクトにかけました。 https://gist.github.co...
Ruby で時間内に解けなかった時のコードです。 https://gist.github.com/mattsan/9da0920c4234fab023f08e03b14a9a46
Prolog で書き直したけれども、Prolog っぽくなくて不満。 https://gist.github.com/mattsan/9e9bbe08f8a8b82f153dc464549a9134
ひさびさに時間内に書けた。Ruby で。 https://gist.github.com/mattsan/b9381f208d5de2a7453cebc8878dfc65
Prolog で書いたらシンプルに書けそうだ、という気がして Prolog で書いてみました。コードはシンプルでした。到達するのに半月かかりました。 http://qiita.com/emattsan...
やっと塗り終わりました。Ruby で。 http://qiita.com/emattsan/items/350f3c604715b1200e7a
ひとまず。Prologで解いてみました。 https://gist.github.com/mattsan/b24e6ac551528d4af7f268a5b1ef9018
Ruby 版をチューニングしてみました。 https://gist.github.com/mattsan/7fb7008f4d8617272bf514b0961bb4d9#file-orde08_2-...
意外に Prolog 向きなんじゃなかろうか、と思って Prolog で書いてみました。 https://gist.github.com/mattsan/1ef253f5ab3f15d9697a5ad...
一時間数十秒。 延長戦開始直後にテストがパスしました。 https://gist.github.com/mattsan/7fb7008f4d8617272bf514b0961bb4d9
@cia_rana さんに触発されて Prolog で書きました。 http://qiita.com/emattsan/items/eb32f5f9bbbc2719aee3
今回は オンラインノンリアルタイムどう書く でした。 Ruby で書きました。 http://qiita.com/emattsan/items/c5d8cda72d606bdda7ca
解説書きました。 http://qiita.com/emattsan/items/d1fa98feb4e9e955752e
続篇。C++ と Haskell で書きました。 http://qiita.com/emattsan/items/9fae5d36a8d77e6724a9
Ruby でビット演算で書きました。 http://qiita.com/emattsan/items/cb65001e2b4b76faf6cd
事前に書いたもの(Ruby)と、当日(3/24)に書いたもの(C++)と、当日(3/25)に泣きながら書いたもの(Rust)です。 - https://gist.github.com/mattsan...
解き方の戦略についてと、当日 Ruby で解いたもの(へのリンク)、Ruby, Haskell, Prolog, C++ のコードを書きました。 http://qiita.com/emattsan/i...
すっかり遅くなりましたが、書きました。Haskell, Prolog, C++11 です。 http://qiita.com/emattsan/items/d0b6d0e0a79af2a28a37 ...
  • 1 / 2
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした