Laravel

MacでLaravelの開発環境を構築

More than 1 year has passed since last update.

ローカルで手軽に実行できる開発用環境を構築することを目的とする。

Webサーバは、PHP組込のサーバを利用する。

以下の流れで実施する。


  • MySQLのインストール

  • phpbrewのインストール

  • PHPのインストール

  • composerのインストール

  • laravel環境構築


MySQL

MySQLの公式サイトからdmgファイルをダウンロードしてインストールする。

http://dev.mysql.com/downloads/installer/


phpbrew

公式サイト:https://github.com/phpbrew/phpbrew/blob/master/README.ja.md

% curl -L -O https://github.com/phpbrew/phpbrew/raw/master/phpbrew

% chmod +x phpbrew
% sudo mv phpbrew /usr/local/bin/phpbrew
% phpbrew init
% vi ~/.zshrc
source ~/.phpbrew/bashrc

バージョンの一覧

% phpbrew known


PHPインストール

ビルドに必要な依存関係を解決

% sudo port -v selfupdate

% sudo port -v sync
% sudo port install curl automake autoconf icu depof:php70 depof:php70-gd mcrypt bison re2c gettext openssl

最も一般的な構成でインストールしてくれるdefaultバリアントを指定するのが良い。

mysqlを使用するならmysqlも付与すること。

% phpbrew install 7.0 +default+mysql


phpbrewのtips

use (一時的なバージョンの切り替え):

% phpbrew use php-7.0.13

switch (デフォルトで使用するバージョンを切り替える):

% phpbrew switch php-7.0.13

phpbrewを使用するのをやめる:

% phpbrew off

インストール一覧

% phpbrew list


composer

公式サイト:https://getcomposer.org/

% mkdir composer

% cd composer
% curl -s http://getcomposer.org/installer | php
% sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer


laravel環境構築

公式サイト:https://readouble.com/laravel/4.2/ja/quick.html

% composer global require "laravel/installer=~1.1"

~/.composer/vendor/binにパスを通す。

これでlaravelプロジェクトを作成可能になる。

% laravel new プロジェクト名


PHP組込サーバでアプリケーションを起動する。

% php artisan serve [--port=8000]

プライベートIPでアクセスできるように起動するには、下記で実行する。

% php artisan serve --host 0.0.0.0 [--port=8000]


組込の認証機能

Laravel 5.3だと、下記コマンドを実行するだけで認証機能を付与できる。

% php artisan make:auth


APP_KEYの設定

.envにAPP_KEYが設定されていないときには、以下のコマンドを実行する。

% php artisan key:generate


REPL起動

rails consoleのような感じでREPL起動

% php artisan tinker


ブレイクポイント

対象箇所に以下のコードを入れる。

eval(\Psy\sh());


番外

今使用しているphp.iniの場所を確認する方法は、いくつかあるようだ。

% php -i | grep php.ini

% php --ini

phpbrewを使用しているなら下記で開ける

% phpbrew config


参考にさせて頂いたサイト