Help us understand the problem. What is going on with this article?

macのローカルでIEの動作確認をする feat. VirtualBox

フロントエンド界隈では悪名高いInternet Explorer、なんと2025年までサポートされます1
最近だとWebサービスのサポートから外されることも増えてきている気がしますが、そうでないところも多いでしょう。

macで開発しているとネイティブでIEが使えないので、VirtualBoxを使ってローカルで動作確認する環境を整えましょう。
ゲストであるVM上のWindows 8.1/10のIE11から、ホストであるmacのlocalhostに繋いで動作検証できるようにします。

やること

  1. VirtualBoxを入れる
  2. Microsoft謹製IE検証用のVMイメージをダウンロードする
  3. VMを立てる
  4. VM上のIEから 10.0.2.2 にアクセスする

VirtualBoxのインストール

brew cask install virtualbox

homebrew caskを知らないひとはぐぐってください。

IE検証用のVMをダウンロードする

Free Virtual Machines from IE8 to MS Edge - Microsoft Edge Development
任意のVMと、プラットフォームは"VirtualBox"を選び、ダウンロードします。
IE11/Win8.1だと7GBとかあるのでお茶でも飲みながら待ちます。
Windows10は"MS Edge"と書いてありますが、IE11も使えます。こっちの方がよいかも。

image.png

The Unarchiverのインストール(入れてないひと)

落ちてくるzipファイルはmacの標準だと解凍できないので、対応しているソフトを入れます。
そうしろってそのページに書いてあります。

brew cask install the-unarchiver

解凍してVM起動

The Unarchiverで解凍します
image.png

できたファイルをダブルクリックして「インポート」をクリックするだけでセットアップされます。
image.png

ダブルクリックすると起動します。
image.png

VMのIEからmacのローカルホストへアクセスする

VirtualBoxのデフォルト機能で、ゲストOSで 10.0.2.2 にアクセスするとホストOSのlocalhostに繋がります。
image.png
デフォルトだと時刻大西洋時間だったりキーボードがUS配列だったりするので、日本仕様に変更する場合は、がんばってください。応援しています。

おわり

IEを使うのをやめましょう。
IEのサポートをやめましょう。


  1. Windows 10の場合。Windows Server 2016の場合は2027年までサポートされます:innocent: 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away