Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Swift] ちょっとしたメモ

More than 3 years have passed since last update.

細かいところのメモをちょくちょく更新していこうと思います。


for文でindexも受け取る

for文普通に回すだけならとても手軽ですが、やはりindexがほしい場合があります。
そんなときはこんなふうに書きます。

enumerate.swift
var someList: String[] = ["hoge", "fuga", "foo", "bar"]

for (index, value) in someList.enumerate() {
    println("index: \(index), value: \(value)")
}

SwiftでなんちゃってSingletonクラス

こちらの記事(Swift でシングルトン)を参考にしました。

記事によると、staticの初期化はdispatch_onceが使われているとのこと。

singleton.swift
// なんちゃってSingletonクラスを定義
class SingletonClass {
    // クラス変数を定義(getterのみ)
    class var sharedInstance: SingletonClass {
        struct Singleton {
            static let instance = SingletonClass()
        }
        return Singleton.instance
    }

    // コンストラクタ
    init() {
        println("Singleton has been created!")
    }
}

// 使う
var s: SingletonClass = SingletonClass.sharedInstance

メソッド定義で、ラベルと変数名を分ける

通常、メソッドは以下のように宣言、使用します。

method.swift
func someMethod(hoge: String, fuga: Int) -> () {
    println("Arguments are \(hoge) + \(fuga)")
}

someClass.someMethod("sample", fuga: 5)

しかし、ラベルと変数名を分けて、以下のように宣言することもできます。
(そしてその場合、第一引数にもラベルを指定することができるようになります)

method2.swift
func someMethod2(label1 hoge: String, label2 fuga: Int) -> () {
    println("Arguments are \(hoge) + \(fuga)")
}

someClass.someMethod2(label1: "sample", label2: 5)

SwiftでSelectorを使う

Objective-Cで言うところの@selector(hoge:)です。
Swiftでは、なんのことはない、普通にStringを渡してやればいいようです。

button.swift
var button = UIButton(frame: CGRectMake(0, 0, 150, 30))
button.addTarget(self, action:"doTouch:" forControlEvents: UIControlEvents.TouchUpInside)

演算子のオーバーロード(Operator functions)

Swiftには演算子のオーバーロードの仕組みがあります。
以下のように、@infixをつけて、関数名にあたるところに、オーバーロードしたい演算子を書きます。
そして演算子の左右にくる値を取り、実際の処理を行います。

// 例えばVector2Dを作る場合

struct Vector2D {
    var x = 0.0, y = 0.0
}

@infix func + (left: Vector2D, right: Vector2D) -> Vector2D {
    return Vector2D(x: (left.x + right.x), y: (left.y + right.y))
}

クラス周りのメモ

プロパティの変化を監視する(KVOのようなもの)

プロパティ定義の際に、willSetdidSetを入れ子にして定義する。

class SomeClass {
    var hoge: Int {
        willSet {
            // hogeがセットされる前に呼ばれる
            println("willSet was called.")
            println(self.hoge)
        }
        didSet {
            // hogeがセットされた直後に呼ばれる
            println("didSet was called.")
            println(self.hoge)
        }
    }
    init(hoge: Int) {
        // 初期化時は、上記の監視は呼ばれない
       self.hoge = hoge
    }
}

var someClass: SomeClass = SomeClass(hoge: 5)
someClass.hoge = 10

クラスメソッドを定義する

クラスメソッドにしたいメソッドの宣言に、classキーワードを付ける

class-method.swift
class SomeClass {
    // クラスメソッド定義
    class func doSomething() {
        println("hogehoge")
    }
}
edo_m18
現在はUnity ARエンジニア。 主にARのコンテンツ制作をしています。 最近は機械学習にも興味が出て勉強中です。 Unityに関するブログは別で書いています↓ https://edom18.hateblo.jp/
http://edom18.hateblo.jp/
unity-game-dev-guild
趣味・仕事問わずUnityでゲームを作っている開発者のみで構成されるオンラインコミュニティです。Unityでゲームを開発・運用するにあたって必要なあらゆる知見を共有することを目的とします。
https://unity-game-dev-guild.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away