Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Unity] C#プログラム側からシェーダに値を渡す

More than 5 years have passed since last update.

当然、CPUプログラム側からGPUプログラム(シェーダ)にデータを渡すことができますが、UnityのGameObjectにアタッチされたスクリプトからもシェーダに値を設定することが出来ます。

シェーダに値を送るにはMaterialクラスを利用します。

trasferData2shader
private Material material;

// Use this for initialization
void Start () {
    // 初期化時にマテリアルを保持しておく(ダイレクトにアクセスしてももちろんOK)
    this.material = gameObject.renderer.material;
}

// Update is called once per frame
void Update () {
    // 経過時間に応じて値が変わるよう適当な値を入れる
    float r = Mathf.Sin(Time.time);
    float g = Mathf.Sin(Time.time) + Mathf.Cos(Time.time);
    float b = Mathf.Cos(Time.time);

    // Materialクラスの`Set****`メソッドを使ってシェーダに値を送信
    this.material.SetColor("_Color", new Color(r, g, b, 1.0f));
}

見てもらうと分かるように、シェーダにデータを送るのはとてもシンプルです。
第一引数の"_Color"の部分はシェーダ側で定義されたプロパティ名です。
SetColorという名称から分かるように、シェーダのプロパティで宣言できる型それぞれにSetterがあるようです。

第二引数はそれぞれの型に応じたクラスを使って値を設定します。
上記の例で言えばColorクラスですね。

こちらのUnityのドキュメントを見ると、SetFloat(int nameID, float value)とあるように、文字列による名前だけではなく、int型のnameIDを指定してもいいようです。

edo_m18
現在はUnity ARエンジニア。 主にARのコンテンツ制作をしています。 最近は機械学習にも興味が出て勉強中です。 Unityに関するブログは別で書いています↓ https://edom18.hateblo.jp/
http://edom18.hateblo.jp/
unity-game-dev-guild
趣味・仕事問わずUnityでゲームを作っている開発者のみで構成されるオンラインコミュニティです。Unityでゲームを開発・運用するにあたって必要なあらゆる知見を共有することを目的とします。
https://unity-game-dev-guild.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした