Help us understand the problem. What is going on with this article?

Vim入門(基本コマンド中心)_エンジニア1年生の自習帳

More than 1 year has passed since last update.

Vimとは...

Vim は、このチュートリアルで説明するには多すぎる程のコマンドを備えた
非常に強力な エディター です。

(- = V I M 教 本 (チュートリアル) へ よ う こ そ - Version 1.7 = -)

・ターミナルには、Vimが内蔵されており、

vim
とコマンドを打つと、起動される。

まずは、 :q で終了できることを覚える

vimの詳細は、"vimtutor"とコマンドを叩け

スクリーンショット 2018-05-27 1.37.37.png

vimには、複数のモードがある

  • ノーマルモード
  • 入力モード
    ノーマルモードから、[i]を押すと入れる。
    [INSERT]という表示が出る。
    →[ESC]で戻れる。

  • コマンドモード
    [:]で、いくつかのコマンドが打てるようになる。
    →[ESC]で戻れる。

  • ビジュアルモード
    [v]で、入ることができる。
    →[ESC]で戻れる。

困ったら、[:q] or [ESC]を連打してこっ!!

ファイルの変更と読み込み

  • 変更点の保存
    → :w

  • ファイル名を変更して保存
    → :w [新しいファイル名]

  • 変更点を無視して強制的に終了
    → :q!

  • ファイルを開く
    → :e [開きたいファイル名]

移動系のコマンド(ノーマルモード)

  • gg カーソルが一番上に戻る
  • G カーソルが一番下に来る

画面単位の移動

  • CTRL + f → 一番下
  • CTRL + b → 一番上 ###単語単位の移動
  • w → 単語単位に進む
  • b → 単語単位で戻る
  • ^ → 行頭に行く
  • $ → 行末に行く
  • f ”文字” → 文字までジャンプ、";" で次にいく
  • % → 対応する "}" までジャンプ

選択系のコマンド(ビジュアルモード)

  • v: 文字単位のビジュアルモード
  • V: 行単位
  • CTRL + v: 短形単位

*全選択したい時は、
1. gg で先頭に戻る
2. Vで行選択にする
3. それで一番下まで引っ張る

カット(削除)、コピー、貼り付け

  • x: ノーマルモードにて、1文字単位でカット(削除)
  • dd: 一行単位でカット
  • [数字] dd: 3行消したい時は、"3dd"
  • p: 貼り付け
  • yy: コピー
  • [数字] yy: 3行消したい時は、"3yy"

検索系のコマンド

/ :ノーマルモードにて
→ /exit :exitを検索
- n : 下方向に検索
- N : 上方向に検索
- * :今カーソルがある位置の単語を下方向に検索

- # :今カーソルがある位置の単語を上方向に検索

置換系の検索

例. stateのsだけを大文字にしたい時
1. : を打って、コマンドモードに入る
2. :s substituteのs
3. :s/state(置換したい文字)/State(置換後の表示文字)

→これだと、一個だけしか変えれない

例. stateのsだけを大文字にしたい時(行内のものを全て変えたい時)

:s/state/State/g

例. stateのsだけを大文字にしたい時(ファイル全体のものを全て変えたい時)

  • :%s/i/I/g *

*  %は範囲を全体にしたい時

→それを確認したい時、
:%s/i/I/gc
* cはconfirmの意味

操作の取り消しコマンド

  • undo :u →戻る
  • redo :CTRL + r →進む

ウィンドウの分割

  • :sp :上下に分割
  • :vs :左右に分割
  • :close :ウィンドウがいらなくなった時

ウィンドウ間の移動は、 CTRL+w wで可能

まだまとめ終わってないんですけど、疲れたんで一旦ここまでで。
あとでまた編集します〜

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away