49
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Git(GitHub)のデフォルトブランチを改名する

10月よりGitHubは既定でmainをブランチ名として使用するようになりましたが、この記事では以前既定だったmasterブランチをmainブランチに改名する方法を例としています。

使うリポジトリ

image.png
初回コミットしかしていないほぼ真っさらな状態、ですがたくさんのコミットログがあっても適用可能なはずです。

注意

GitHubではデフォルトブランチの削除が許可されていないため、masterブランチを改名するときは手順3でデフォルトブランチを確実に変更してください。

手順1 ローカルブランチを改名

ブランチを改名する
# git branch -m (変更前のブランチ名) 変更後のブランチ名
git branch -m master main

-m--move、ブランチを移動する、すなわち改名するためのオプションです。
なお、現在チェックアウトしているブランチの名前を変える時は変更前のブランチ名は省略可能です。

手順2 改名後のブランチをpush

ブランチをpushする
# git push -u origin 変更後のブランチ名
git push -u origin main

image.png
GitHubにmainブランチをpushする操作です。新しくmainブランチを作成したので、-u(--set-upstream)オプションで上流ブランチを設定します。このオプションを忘れたまま改名後にブランチを明示しないgit pushを実行するとエラーが発生します。

手順3 GitHubで既定のブランチを変更する

※ もともと既定だったブランチ以外を変更するときにはこの操作は必要ありません。
リポジトリのSettings→左メニューBranchesDefault branchのところで、masterとなっているところをmainに変更して、Updateを押します。
モーダルにも書かれる通り、Pull RequestやCloneに悪影響が出る可能性があります。
image.png
defaultmainに移りました。

手順4 masterブランチの削除

image.png
GitHubのブランチ一覧を表示、ゴミ箱のマークを押して削除、もしくはコマンドラインで

リモートのmasterブランチを削除する
# git push origin :変更前のブランチ名
git push origin :master

を実行しても削除可能です。
image.png
masterブランチが消えました。
image.png
コミットが1回しかされていないため分かりにくいですが、コミットログが正常に引き継がれています。

参考ページ

Git - Reference
Github、人種差別を連想させるコーディング用語の見直しへ | ギズモード・ジャパン

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
49
Help us understand the problem. What are the problem?