Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacBook Proでスリープからの復帰時にキーボードやトラックパッドが反応しない不具合

More than 1 year has passed since last update.

要旨

MacBook ProのRetina 13-inch, Early 2015のモデルは、トラックパッドやキーボードを接続するケーブルが構造上ダメージを受けやすい位置にあるようです。
そのため、このモデルで以下の症状が出た時はAppleに修理を依頼するのが最も早い手段だと思われます。
ちなみに、修理費用は1万円程度、修理期間は最短なら即日、混んでいる時は3日程度でした。

環境

MacBook Pro (Retina 13-inch, Early 2015)
OS X El Capitan(10.11.6)

症状

・MacBookの画面を開いてログイン画面が表示されるが、トラックパッドやキーボードを操作しても反応がない。
・ログインのパスワード入力欄に文字入力カーソルが点滅している。
・電源ボタンによるスリープ、強制終了は可能。

・上記症状が出るときもあるし、出ないときもある。
・稀に上記症状に加えて「Bluetooth キーボード設定」が表示される。

対処

NVRAMクリア

参考:Mac の NVRAM をリセットする方法 - Apple サポート

電源ボタン長押しによる強制終了後、上記のページの手順を参考に電源ボタンを押した後command+option+P+Rの同時押しを実施。

結果、改善せず。
起動した後、ログイン画面が表示される。キーボード、トラックパッドによる操作に無反応。

SMCリセット

参考:Mac の SMC (システム管理コントローラ) をリセットする - Apple サポート

結果、改善せず。
起動した後、ログイン画面が表示される。キーボード、トラックパッドによる操作に無反応。

セーフモード

参考:Mac の起動を完了できない場合にセーフモードを試す - Apple サポート

結果、改善せず。
稀にセーフモードではなく通常通り立ち上がるケースも発生。

OS再インストール

参考:macOS を再インストールする方法 - Apple サポート

手順に従って「MacOSを再インストール」を選択して再インストールを実行する。

結果、改善せず。

外部キーボード接続

起動直後ログイン画面の反応しない状態で外部キーボードをUSB接続すると認識できた。
外部キーボードを使ってログインしたところ以下のメッセージが表示された。

キーボード設定アシスタント
はじめに
キーボードを認識できません。識別できるまで、このキーボードは使用できません。
このキーボードを識別するには、"続ける"をクリックしてください。

Genius Bar 持ち込み

Genius Barに持ち込み。
どうやらトラックパッドとキーボードとの接続部分の部品が故障していたようです。
当日の修理で直りました。

参考

ググって調べた時に非常に近い症状が出ているケースを発見。
「接続されているキーボードがありません」と表示され操作不能 | コミュニティ

追記(2017/09)

また同様の症状が2回発生しました。
何回かの強制終了→再起動で直りました。
NVRAMクリアとSMCリセット、セーフブートを試して経過待ちです。

今回もまたGenius Barに持ち込みで修理してもらいました。
故障箇所は前回と同じ場所でした。
どうやらMacBookのモデル(MacBook Pro (Retina 13-inch, Early 2015))がこういう故障を起こしやすい構造らしく、素早く対応していただけました。

dynamonda
趣味と実益を兼ねたプログラミング。仕事もできたらいいなぁ。 SE→
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした