Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS7 に php-mcrypt をインストールする

More than 5 years have passed since last update.

php-mcrypt は CentOS 標準の yum リポジトリでは提供されていないパッケージのため、EPEL リポジトリを用いてインストールする必要がある。
yum -y php-mcrypt install ではパッケージが見つからないとなる。)

以下、 EPEL リポジトリのインストールから php-mcrypt のインストールまでを記載する。

環境

  • CentOS Linux release 7.1.1503
  • 64bit

EPEL インストール

RPM ダウンロード

http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/7/x86_64/e/ にCentOS の EPEL があるので、 RPM をダウンロードする。ダウンロードディレクトリはお好みで。

※ 今回は執筆時点の最新版 epel-release-7-5.noarch.rpm をダウンロードする。 OS の Bit により rpm ファイルは異なるので注意。

$ wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm

RPM インストール

下記コマンドで RPM パッケージをインストールする。

$ sudo rpm -ivh epel-release-7-5.noarch.rpm

※ rpm のオプションについて

  • -i  RPMパッケージをインストール
  • -h インストールの進行状況を「#」で表示
  • -v 詳細情報を表示

EPELリポジトリの初期設定

yum コマンドを実行する度に EPEL も使用することになってしまうので、EPEL を無効にして必要時だけ使用するように、下記コマンドで enabled=0 に書き換える。

EPEL をデフォルト無効にするかなどはお好みなので、muniereさんの CentOSにEPELリポジトリを追加する が参考になるかと。

$ sudo sed -i 's/enabled=1/enabled=0/g' /etc/yum.repos.d/epel.repo

一応 epel-release のアップデートを行っておく。

$ sudo yum --enablerepo=epel -y update epel-release

EPEL リポジトリから php-mcrypt をインストール

やっと本題へ…。
下記のように yum コマンドのリポジトリに EPEL を指定して一発でインストールできるようになっている。

$ sudo yum install --enablerepo=epel php-mcrypt

備考

EPEL をデフォルト無効に設定しているので、 EPEL リポジトリを使用するときは下記コマンドで使用できる。

yum --enablerepo=epel <command> <package-name>
showcase-gig
次世代店舗創出プラットフォームの提供
https://www.showcase-gig.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away