Edited at

UnityのiOS 64bitビルド

More than 3 years have passed since last update.


iOS64bit対応

2015年2月審査提出分より、アプリの64bit化が義務付けられ、

各デベロッパーでは対応が進んでいるかと思います。

その中でも厄介なのが、ミドルウエアを使用した開発を行っているアプリ、

すなわちUnityでの64bit対応が待たれていたわけです。

幸いなことに、4.6.xでの対応をUnityサイドからコミットがあり、

ver.4.6.2とver.4.6.3にてIL2CPPの設定が追加され、

64bit版でビルドが可能になりました。

こちらの記事に関しましては、

Unity4.6.3のバージョンにて執筆させていただいております。


設定方法

設定は至って簡単!

反面ビルドがものすごく重い&時間がかかる!(笑)

1.Build Settingsを開いて、PlayerSettingを押下

2.iOSがセットされていることを確認

3.PlayerSettingタブ一番下のOther Settingにて下記内容を設定


BuildSettings

BuildSettingにPlayerSettingsの表示ボタンがあるので、

押下した後、Unityのタブにて詳細を設定

Build_Settings-5.png


PlayerSetting

BuildSettingsのボタンを押してもポップで出てこないので、

Unityに慣れてない方は「あれ?」ってなるポイント(笑)

エディッタ上のタブに表示されるのでご注意ください。

スクリーンショット_2015-02-26_15_35_35-3.png


Other Setting

ここで細かい設定をしていきます。

Other Settingのタブを広げたら、ちょっと下に移動しましょう。

Configurationがでてきます。

設定

Configuration>Scripting Backend>IL2CPPへ変更

Configuration>Architecture>Universal へ変更

Optimization>TargetiOSVersion>5.1 以降へ変更

Optimization>TargetiOSVersion>6.0 以降へ変更

Optimization>TargetiOSVersion>7.0 以降へ変更

→iPhone5sが初の64bitCPU(A7)のため、以下の端末を切る捨てる懸念あり。

→審査提出時にワーニングが出る。

スクリーンショット_2015-02-26_15_35_35-34.png

パッと見、IL2CPPの設定は理解できると思いますが、

Architecture、TargetiOSVersionは何の意味があるかの想定がつかないと思います。

以下で簡単に説明を記載しておきます。


Architecture

ここではXcodeでビルドする際の設定を行います。

今回64bit対応ということですが、まだ32bitもサポートするのであれば、

両方含んだ形でビルドする必要があります。

なので、Universalにする必要があるのです。

64bitのみでよければARM64で、

まだ32bitのみでよければ、ARMv7で大丈夫です。


TargetiOSVersion

以下の表を見ていただけると一目瞭然かと思われます。

基準としては、iPhone4Sの発売時のOSが5.0でしたので、

iPhone4sをサポートするのであればといった判断です。

iPhone 5s
iPhone 5
iPhone 4S
iPhone 4

指紋認証



ディスプレイ
4インチ
4インチ
3.5インチ
3.5インチ

チップ
A7(64bit)
A6(32bit)
A5(32bit)
A4(32bit)

以上となりますが、

まだUnity5の発売であったり、今後のAppleの動向でここの内容は変動します。

随時情報は更新させていただきます。