Edited at

JupyterのCommon Lisp kernelをインストールする

More than 3 years have passed since last update.


概要

sbclのシェルでCLのお勉強がつらいのでJupyterのCommon Lisp kernelをインストールしたところ少しだけつまった.

sbclとQuicklispをインストール後上記gitリポジトリをcloneしてpython install-cl-jupyter.pyせよと書いてある.

こいつが曲者でpython3向けに書かれている上IPythonの古いAPIを使っていたりして(後者は要検証)デフォルトがpython2系かつAnacondaで完結させているうちの環境ではなかなか動かない.


解決策

install-cl-jupyter.pyを読んでみたところkernel.jsonを生成してるだけぽい. 5,6行しかいらないので手動で打ち込む.

~/.ipython/your_kernel_name/kernel.json に以下の通り書き込んでjupyter notebookし, CL kernelを選ぶと勝手に依存モジュールのインスールが始まる.

{

"argv": [
"sbcl","--non-interactive", "--load",
"/path/to/cl-jupyter/cl-jupyter.lisp",
"/path/to/cl-jupyter/src",
"/path/to/cl-jupyter",
"{connection_file}"
],
"display_name": "SBCL Lisp",
"language": "lisp"
}

Python3系で完結させているとこんな問題はおこらないかもしれない.


まとめ

そろそろPython2を捨てたい.