Help us understand the problem. What is going on with this article?

大事なファイルを消してしまったけどextundeleteを使って危ないところで助かった話

More than 1 year has passed since last update.

この記事は、2014年の覚書をもとに書いています。

やっちまった

家のサーバの調子がいまいち。立ち上げた時にへんな具合になるので、とりあえず日記等々いろいろなものをバックアップしておこうと思って、tarで固めようとした。で、tarの前にいらないものを消していたら、最重要な日記データを消しちゃった。

とりあえず、落ち着こう。

ここで焦ってはいけない。とりあえず、落ち着こう。深呼吸をしよう。
そこでおもむろに、何もHDDに書き出さないようにして、Google先生に質問。質問の項目は
「CentOS rm 復元」
たくさんページが出てくるが、自分がわかりそうなページを見つけたら出てきたページに素直に従う。

まずファイルシステムを確認。

# df -T

これで、ext4 を使用していることを確認。

続いてファイルを削除した時間を確認。

# export HISTTIMEFORMAT="%F %T "
# history

これでコマンド実行時の時間を取得。

続いて復元させるパーティションを読み取り専用に。

# mount -o remount,ro /dev/mapper/vg_www-lv_home

それから本命の extundelete をダウンロードしてインストールするんだけどその前に

# yum -y install e2fsprogs-devel

で、extundeleteをダウンロードする。

# cd /usr/local/src

# wget http://downloads.sourceforge.net/project/extundelete/extundelete/0.2.0/extundelete-0.2.0.tar.bz2"

# tar xfj extundelete-0.2.0.tar.bz2
# cd extundelete-0.2.0
# ./configure --prefix=/tmp/a && make && make install

これで無事に /tmp/a 以下に bin/extundelete ファイルが作成されている。

あとは時間を指定して実行する。先ほど時間を確認したところ30分くらいまえだったので削除されてから一時間以内のファイルのみ復元させる。

変なところに復活のディレクトリ作られても困るので、一旦/rootへ移動。

# cd /root

満を持して復活のコマンド実行。

# /tmp/a/bin/extundelete --restore-all --after $(date +%s -d '1 hour ago') /dev/mapper/vg_www-lv_home

これで RECOVERED_FILES ってディレクトリに復元されている。
確認すると、大切な日記データも復元していた。よかったー。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした