Help us understand the problem. What is going on with this article?

「GitとAzure DevOpsの開始方法:究極のガイド」 をなぞる

ニコールスティーブンスさんによる、Git と、Azure DevOpsの究極のガイド!がこちらに公開されています。> https://cloudskills.io/blog/git-azure-devops

3部構成のガイドだそうで、第1部では、GitおよびAzure DevOpsを使用して、ソース管理に使用するリポジトリをセットアップします。

ざっくり。

Azure DevOpsのメリットは

  • コラボレーション-チームは、コードの同じセクションでさえも同時に作業でき、それらは一緒にマージされます。
  • ワークフロー-チームは互いのコードの品質をチェックし、コーディング標準への準拠を保証します。
  • バージョン管理-ソースコードにタグを付けて、リリースされたバージョンのコードを参照できるようにします。
  • 履歴-コードリポジトリの完全な履歴が維持され、ユーザーの資格情報にリンクされます。 変更が十分にコメントされている場合、これは問題の解決に役立ちます。
  • 自動化-コード変更のチェックインなどのバージョン管理システム内のアクションは、コンパイルやテストなどの他の操作をトリガーするように設定できます。

前提条件

このガイドを使用する前に、次のものが必要です。

  • Azureサブスクリプションでは、無料のアカウントを作成できます。

  • Azure DevOps Organizationの基本プランは、最初の5人のユーザーから無料で開始します。

  • GitHubアカウント、無料プランにサインアップすると、無制限のリポジトリが提供されます。

  • Visual Studio Code(VSCode)のローカルインストール

Windowsを使用している場合、[ Git Credential Managerを有効にする]チェックボックスがオンになっていることを確認します。

image.png

Git Credential Managerを有効にする

Gitの前にVSCodeをインストールした場合、次のオプションも表示されます。

image.png

デフォルトのエディターの選択

これにより、コマンドラインでgitから直接VSCodeをデフォルトのコードエディターまたは差分ツールとして起動できます。

Azure Devopsでリポジトリをセットアップ

この手順では、Azure DevOps内でプロジェクトをセットアップします。 Azure DevOpsプロジェクトはパブリックまたはプライベートのいずれかです。プライベートプロジェクトでは、プロジェクトを表示、複製、または投稿する前にユーザーを招待する必要があります。
image.png

http://dev.azure.com/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした