Edited at

GitHub Pagesを使用してポートフォリオを公開する


はじめに

作成したポートフォリオをWebで公開するのに何がいいか探していた所、GitHub Pagesを使用した方法がGitHubの知識があれば良さそうだったのでポートフォリオの公開に使用する事に決めました。


使用方法

GitHubの+の部分を押し、new repositoryを選択する

スクリーンショット 2019-09-06 23.51.11.png

Repository nameに好きな名前を記述(今回はgithub-page)

Description (optional)は必要に応じて記述

入力が終了したらCreate repositoryを選択

スクリーンショット 2019-09-06 23.54.20.png


Webページの作成

クローンを作成する為URLのコピーをしておく

スクリーンショット 2019-09-07 0.01.40.png

$ cd 任意のディレクトリ

$ git clone 先程コピーしたGitHubのURL

ターミナルでやる方法もありますが、今回はリモートの方でpushを行ったのでそちらの方法で

Addを選択し、Add Existing Repositoryを選択

スクリーンショット 2019-09-07 0.08.05.png

スクリーンショット 2019-09-07 0.08.31.png

先ほど作成したクローンをChooseで開き、Add Repositoryを選択

後はVS Code等使用しHTMLファイルを作成したり、作成したのがあればこのリポジトリにコピーなどしてcommit、pushしてやればOKです。

スクリーンショット 2019-09-07 0.11.23.png


Webページの有効方法

GitHubのページにいき、Settingsを選択する。

スクリーンショット 2019-09-07 0.16.34.png

GitHub Pages内のNoneを選択し、master branchを選択する。

スクリーンショット 2019-09-07 0.17.49.png

手順が正しければURLが表示され、公開する事が出来るようになります。


まとめ

慣れれば思ったより簡単に出来ました。色々方法はありますが、今回はこの方法で試しました。GitHub上で修正も出来るので本当便利だと思います。

以下、参考にした資料です。

https://qiita.com/0084ken/items/4acdc7a00bf2e6f41f94