Help us understand the problem. What is going on with this article?

【超速】Raspberry Pi 3にUbuntuとROSの環境構築

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

RaspberryPiにROSを導入しようと思ったのですが、調べてみると茨の道らしい…
本家ROSwikiにめっちゃ楽な方法があったので試すことにする。
しかし、これでインストールできるのはUbuntu MATE 16.04とROS kineticですのであしからず。。

環境

  • Raspberry Pi3
  • microSD 16GB class10
    • OSの容量が8GBなので最低16GBがいい.

導入

OSのダウンロード

http://www.german-robot.com/2016/05/26/raspberry-pi-sd-card-image/
ROSwikiのrasberrypiの欄からいろいろリンクたどっていくとubuntu MATE16.04+ROS Kineticのパッケージを見つけた.
このページからubuntuとROSの入ったzipファイルをダウンロードする。

ダウンロードして解凍してください.

インストール

  • まずSDカードをPCに挿入 こいつでSDがどのデバイスファイルとして認識されているか調べる.(↓例)
$diskutil list

/dev/disk2 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *15.5 GB    disk2
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk2s1
   2:       Microsoft Basic Data RPI                     15.3 GB    disk2s2

この場合SDは/dev/disk2

  • フォーマットする.
    $ diskutil eraseDisk FAT32 RPI /dev/disk2

  • 完了したらアンマウント
    $ diskutil unmountDisk /dev/disk2

  • イメージの書き込み(解凍したファイルのあるディレクトリに移動後)
    $sudo dd bs=1m if='2017-03 Ubuntu Mate 16.04 + ROS Kinetic.img' of=/dev/disk2

    • 時間がかかるので待つ
    • 僕の環境では1時間
    • macであればctrl + Tで現在の状況を確認できる
    • 1mを大きくすれば早く終わるがエラーが出る可能性もあるらしい
  • RaspberryPiを起動

RspberryPiの設定

user password
pi raspberry
  • キーボード設定がGermanなのでメニューバーから
    System→Preferences→Hardware→Keyboardで設定を日本語とか英語に変える.

  • 初期設定をする
    $raspi-config

    • からInterfacing Optionsを選択しSSHを有効にする.
    • Advanced なんとかでファイルシステムを拡張する.
      • こうすることで使える容量が増える.
  • 設定変更したらリブートしとく

ROS

  • とりあえずこれやる(2時間くらいかかる)
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
  • 終わったらroscoreしてみる

参考

dendensho
エルゴエンジニア。
GionApps
Androidアプリの開発をしています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away