Posted at

Mac に jenv を利用して Java の開発環境を作る

More than 1 year has passed since last update.

Mac に jenv を利用して Java の開発環境を作る手順。


JAVA のインストール

8 と 10 をインストールする

$ brew tap caskroom/versions


# java 8
$ brew cask install java8

# java 10 ( 最新バージョン )
$ brew cask install java


jenv のインストール

$ git clone https://github.com/gcuisinier/jenv.git ~/.jenv

.bash_profile に下記を追記する。

# jenv

export PATH="$HOME/.jenv/bin:$PATH"
eval "$(jenv init -)"

.bash_profile を読み込む。

$ source .bash_profile


jenv の使い方

インストールされている Java のバージョンを確認する。

$ /usr/libexec/java_home -V

Matching Java Virtual Machines (2):
10.0.2, x86_64: "Java SE 10.0.2" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-10.0.2.jdk/Contents/Home
1.8.0_181, x86_64: "Java SE 8" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_181.jdk/Contents/Home

jenv にインストールされている Java の PATH を追加する。 Java をバージョン UP したりしたら add し直す。

$ jenv add /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-10.0.2.jdk/Contents/Home

$ jenv add /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_181.jdk/Contents/Home

指定のバージョンをグローバルで利用する。

$ jenv global 10.0.2

指定のバージョンをローカル(そのディレクトリ)で利用する。

$ jenv local 10.0.2


jenv を更新する方法

$ cd $(jenv root)

$ git pull