2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

SARA-R410MでSoracom Harvestにデータを送る

  • SARA-R410Mとは

SARA-R410Mは、LTE Cat.M1に対応したu-bloxのLTEモジュールです。SARA-R410シリーズの中の、SARA-R410M-63Bが、技適を取得していて、NTT DoCoMoとSoftBankが使えるモジュールです。詳細の仕様は、u-bloxのWebページを参照してください。ドキュメントは、こちらです。

SARA-R410Mを利用しやすくした、ブレイクアウトモジュールが、スイッチサイエンスより発売されています。こちらから詳細を確認できます。

  • SARA-R410Mの操作方法

SARA-R410Mは、UARTポートに接続して、ATコマンドで操作操作します。PCと接続する場合は、USB-UARTモジュールを使って接続します。マイコンに接続する場合には、マイコンのUARTポートに接続できます。IO電圧が1.8Vの為、1.8Vではない場合には、レベル変換モジュールが必要です。配線方法については、スイッチサイエンスさんのブログに参考できる情報があります。

ATコマンドのマニュアルは、こちらにあります。以下のコマンドの説明では、それぞれのコマンドが説明されているページも記載します。

  • Soracom Harvestにデータを送る

Soracom Harvestにデータを送るためのATコマンドを解説します

  • 流れ
  1. モジュールの設定をする
  2. Soracomに接続するための情報を設定する
  3. Harvestにデータを送信する
  • モジュールの設定をするATコマンド
送信ATコマンド モジュールからのレスポンス マニュアルのページ 説明
AT+UMNOPROF=20 OK P.68 MNO profile を設定する。20はドコモを示す。
AT+CFUN=15 OK P.32 module functionalityの設定。15は、MT silent resetを示す。
  • Soracomに接続するための情報を設定するATコマンド
送信ATコマンド モジュールからのレスポンス マニュアルのページ 説明
AT+COPS=2 OK P.49 Operator selection。2は、deregister from network
AT+CGDCONT=1,"IP","soracom.io" OK P.138 PDP context definition。APN設定をします。最初の"1"はIPv4使用を示す
AT+UAUTHREQ=1,1,"sora","sora" OK P.157 接続のための認証情報を設定
AT+COPS=0 OK P.49 Operator selection。0は、automatic
  • Harvestにデータを送信するATコマンド
送信ATコマンド モジュールからのレスポンス マニュアルのページ 説明
AT+USOCR=6 +USOCR: 0 / OK P.212 TCP socketを開きます。"6"はTCPを示す。ここで帰ってくる0は、使用するsocketを識別するための番号。マニュアル上は"local_port"と呼ばれます。
AT+USOCO=0,"harvest.soracom.io",8514 OK P.218 Socketを接続する 最初の"0"は、先に受け取ったlocal_portの値を利用
AT+USOWR=0,28 @ P.219 socketにデータを書き込みます。最初の"0"は、local_portの値。次の28は、次の行で送信するデータの長さ(Byte数)を記載する
{"data1":1.23,"data2":4.567} +UUSORF: 0,3 N/A Harvestに実際に送信するデータです。記載方法は、Harvestのマニュアルを参照してください。戻り値の最後の"3"は、Soracom側から戻ってきたデータの長さです。次のコマンドで利用します。\"などのエスケープシーケンスはこの行では使えません。
AT+USORD=0,3 +USORD: 0,3,"201" P.223 Socketからデータを読み込みます。最初の"0"は、local_portの値。次の3は、先に取得した、Soracom側から戻ってきたデータの長さを記載します。
AT+USOCL=0 OK P.217 Socket を閉じます。

以上のコマンドを利用することで、Soracom Harvestにデータを送信できます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
2
Help us understand the problem. What are the problem?