RubyでExcelファイルを扱うライブラリの比較

More than 1 year has passed since last update.

概要

RubyでExcelファイルを扱うライブラリは、Win32OLEをはじめとしていくつか存在する。
どれを使用すべきか迷ったので、ざっくり比較してみた。

2014/09/03追記
こちらの方がよくまとまっています。
Ruby - RailsでExcelを扱うGemまとめ - Qiita

ライブラリ

比較

ライブラリ 読み込み可能ファイル形式 書き込み可能ファイル形式 特徴
Win32OLE xls, xlsx xls, xlsx ・Windows上でのみ使用可能(標準ライブラリに含まれている)
・COMオブジェクトを操作する感じ
WrapExcel xls, xlsx xls, xlsx ・Win32OLEをラップしてRubyっぽく使いやすくしたもの
Spreadsheet xls xls ・読み込んだファイルをそのまま上書きすることはできない(別ファイルで書き込む必要がある)
・'A1'形式でのセル指定はできない(ゼロ始まりのインデックスで指定する)
Roo xls, xlsx, OpenOffice, Google spreadsheets, LibreOffice, CSV Google spreadsheets ・xlsファイルへのアクセスには内部的にSpreadsheetを使用している
・インデックス(1始まり)でも'A1'形式でもセル指定ができる
・書き込みができるのはGoogle spreadsheetsのみ
Axlsx N/A Office Open XML (xlsx, OpenOffice, ...) ・読み込みはできず書き込みしかできない
・チャートや数式、その他の書式等、細かい指定が可能
・'A1'形式だけでなく、'A1:D4'形式、'Sheet1!A3:B4'形式でのセル指定が可能
・商用利用の場合はドネーション推奨
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.