Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon Managed Blockchainでフリマアプリ作りたい Part1

More than 1 year has passed since last update.

この記事はハンズラボAdvent Calendar 2018
23日目の記事です。

ことの発端。

とはいえ、腐ってもエンジニア。何かを書かなければ。<-(2018/12/22現在)

先に謝っておきます。
前日まで何もしてませんでした。すみません。許してください。僕が悪いです。
補足として、AWSそんなに使ったことないし、Blockchainも詳しく知らない人です。
そんなこんなでPart1始めます。

Amazon Managed Blockchain?

Managed Blockchainとは2018年のAWS Re:Inventにて発表されました。

Amazon Managed Blockchain はフルマネージド型のサービスで、一般的なオープンソースフレームワークである Hyperledger Fabric や Ethereum を使用して、スケーラブルなブロックチェーンネットワークの作成と管理を簡単に行えます。

なるほど。さっぱりピーマン。

では、行ってみよう。

Create blockchain network#1

Create blockchain network001<br>
※現在はPreviewなので、Hyperledger Fabricのみ使用可能です。
Network nameを入力しましょう。

Create blockchain network#2

Create blockchain network002
Member name を入力しましょう。

  • メンバーは複数登録できますが、ネットワーク内での名前はユニークでないといけません。

  • メンバー名は最大64文字で英数字-を使用できます。

    • 数字-始まり
    • -終わり
    • --禁止
    • 以上の制限はあります。

Create blockchain network003
Admin usernameAdmin passwordを入力しましょう。

  • ユーザー名は最大16文字で英字始まり

    • 英数字の使用可能
  • パスワードは最低8文字以上最大32文字

    • 大文字,小文字,数字各1文字以上は必須
    • ‘(一重引用符),"(二重引用符),/,\,@,(スペース)禁止

Create blockchain network#3

Create blockchain network004
最終確認して、間違いがなければ作成しましょう。

Create blockchain network#4

Create blockchain network005

Statusがアクティブになるまで気長に待ちましょう。

Create blockchain network#5

Endpointの設定は公式をみていただいた方が健全に終わるかと思います。

VPCに合わせて読んでいただきたい弊社AdventCalendarはこちら。

Create blockchain network#5

Create blockchain network006

メンバーを選択し、Create peer nodeしましょう。


Create blockchain network007
Blockchainインスタンスは現在b3.t3.smallのみとなっています。

これにて。

とりあえず、Blockchain networkは作成できたと思います。
BlockChainの技術にまだ触れたことがないので、次回は実際に触ってみようかと思います。

ここで勉強すればいいよ!とかあれば、教えていただけると幸いです。

次回の更新がいつになるかはわかりませんが、末長く見守っていただければと思います。


ハンズラボAdvent Calendar 2018 の24日目は@ansark88さんです!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away