Help us understand the problem. What is going on with this article?

更新! Laravel6/7「make:Auth」が無くなった 〜Laravel6/7でのLogin機能の実装方法〜MyMemo

Laravle6.0のmake:Authを作成してみる

みなさんこんにちは
ジーズアカデミー 主席講師 山崎ですm(_ _)m
今回はLaravel6から7にアップデートされLogin画面作成に困った解決策をMemoしておきます。

前提条件/検証環境

  • LaravelでCRUDを作成した経験がある人
  • Laravelの基本を理解している人
  • 記事内容的には、Laravel6のAuthを使う場合の自分メモです。
  • Laravel6/7
  • PHP 7.2.x(確認した環境)
  • EC2の場合:t2.small (メモリ2G以上必要 "laravel/ui"に必要なため,t2.microだとコケます)
  • Node.js インストール済みであること

【 Laravel6でのログイン画面作成】

Laravel5バージョンでは「php artisan make:auth」コマンドで簡単にLOGIN機能を作成できていました。
Laravel6バージョン以降 php artisann make:auth は無くなりました。
※ php artisan コマンドで確認した結果なかったので。
では、どうやって従来のLOGIN機能を実装スルのか>?を調べたのです。


Laravel6/7 ログイン画面作成

  1. laravel/uiをインストール Laravel7が出たタイミング・・・だと思いますが、 Laravel6でのコマンドにバージョンを付けないとエラーがでるようになりました!!! 以下参照
ターミナル
#laravel6の場合
composer require laravel/ui 1.*

#laravel7の場合
composer require laravel/ui

2. LOGIN機能&テーブル作成

ターミナル
php artisan ui vue --auth

php artisan migrate

3. FrontEndに必要なPackageをインストール
(Node/npmの使用が必要)

ターミナル
npm install

4. CSS/JSを作成ビルド

ターミナル
npm run dev

これでLaravel5バージョン同様のLOGIN機能が実装できました!

Login機能:参考「Laravel ドキュメント」

https://laravel.com/docs/7.x/frontend#introduction

★研究開発「Laravel DB.com」 を運用中

Laravelをテーブル設計するだけでCRUDが作成できるツール
https://laraveldb.com
※是非応援しください。

以上

daisu_yamazaki
ジーズアカデミー[主席講師], デジタルハリウッド大学院[AgileDevラボ:担当教員], Microsoft MVP [2013-2020]
https://gsacademy.tokyo/about/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした