257
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

更新!!Laravel6/7 (laravel/ui)でのLogin機能の実装方法〜MyMemo

Laravle6.x/7.xのログイン実装コマンドの違いを見る

みなさんこんにちは
ジーズアカデミー学校長 山崎ですm(_ _)m
今回はLaravel7にアップデートされLogin画面作成(laravel/ui)を前バージョン同様で使用したい場合
の方法をMemoしておきます(初めてLaravel触る人はこっちが良いかも、、敷居が低い)。

◆「Laravel8/jetstreamの人はこちらのリンク」
https://qiita.com/daisu_yamazaki/items/607ea579a374c4187562

◆【Laravel8.x のLOGIN(Breaze)動画も用意してます!】
https://youtu.be/XXXQOYnsCBk

前提条件/検証環境

  • LaravelでCRUDを作成した経験がある人
  • Laravelの基本を理解している人
  • 記事内容的には、Laravel6のAuthを使う場合の自分メモです。
  • Laravel6/7=PHP 7.2.x(確認した環境)
  • EC2の場合:t2.small (メモリ2G以上必要 "laravel/ui"に必要なため,t2.microだとコケます)
  • Node.js インストール済みであること

【 Laravel6/7でのログイン(laravel/ui)画面作成】

Laravel5.xでは「php artisan make:auth」コマンドで簡単にLOGIN機能を作成できていました。
※Laravel6.x以降 php artisann make:auth コマンドは無くなりました。


Laravel6 / Laravel7 ログイン画面作成

1. laravel/uiをインストール

【要注意】Laravel7 が出たタイミング・・・だと思いますが、
laravel/ui コマンドにバージョンを付けないとエラーがでるようになりました!!!
6 or 7に合わせて使い分けてください!!

ターミナル

#Laravel6.x 公式ではこちらに変わってました。
composer require laravel/ui:^1.0 --dev

#laravel7の場合
composer require laravel/ui:^2.4

※Laravel6.x 公式
https://laravel.com/docs/6.x/frontend#introduction
※Laravel7.x 公式
https://laravel.com/docs/7.x/frontend#introduction

2. LOGIN機能&テーブル作成

ターミナル
php artisan ui vue --auth

php artisan migrate

3. FrontEndに必要なPackageをインストール
(Node/npmの使用が必要)

ターミナル
npm install

4. CSS/JSを作成ビルド

ターミナル
npm run dev

これでLaravel5/6/7どうようのLOGIN機能が実装できました!

Youtube動画としてもあるので、どうぞ!!

◇「動かして学ぶ!Laravel開発入門(翔泳社)」本だしました。

◇「Laravel DB.com」 をやってます

Laravelをテーブル設計するだけでMigrationが作成できるツール
https://qiita.com/daisu_yamazaki/items/4e13ac43c20bcdedeb40
※是非こちらも見てください~。

◇今回のLogin機能:参考「Laravel ドキュメント」

【ver6.x】https://laravel.com/docs/7.x/frontend#introduction
【ver7.x】https://laravel.com/docs/6.x/frontend#introduction

Youtubeチャンネルも宜しくお願いいたします

「遅咲きエンジニア」MicrosoftMVP 山崎
https://www.youtube.com/channel/UCmMFmjhf1BXB1tlLcbkVRrg

以上

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
257
Help us understand the problem. What are the problem?