More than 3 years have passed since last update.

ハマりかけたのでメモ。


gruntでnode-webkit

gruntでnode-webkitアプリをビルドします


grunt-node-webkit-builderをインストール

$ npm install --save-dev grunt-node-webkit-builder


package.jsonを編集


package.json

// ...省略...

"window": {
"title": "node-webkitアプリ",
"width": 360,
"height": 480,
"toolbar": false,
"frame": true
}

// ...省略...



Gruntfile.jsを編集


Gruntfile.js


// ...省略...

grunt.loadNpmTasks('grunt-node-webkit-builder');

// ...省略...

grunt.initConfig({

// ...省略...

nodewebkit: {
main: {
options: {
version: "0.11.5",
platforms: ["win", "osx"],
},
src: [
"images/**",
"sounds/**",
"main.html",
"build/myapp.min.js",
"package.json",
"README.md",
],
},
},

// ...省略...


ポイントはoptions.version。

規定値は'latest'なのですが、アルファ版など動作しないバージョンのnode-webkitが選ばれた場合にビルドが通らなくなります。

http://dl.node-webkit.org/に置かれている、正常に動くバージョンを指定しましょう。


ビルド

$ grunt nodewebkit

build/{プロジェクト名} フォルダ以下に各プラットフォーム向けフォルダが切られ、その中にアプリケーションが作成されます。


できたー!

Clipboard02.png

ワー、マルデホンモノノゲームミタイ!