GoogleAppsScript
VSCode

GASで開発する

本記事の目的

僕がGAS開発のためにはじめにやった事を共有・保存しておく。

GASって何?

ググれgas

GASの開発環境を整える

まずは基本の開発環境から。
GASはクラウド上(ブラウザ上)で全て開発できる。でもバージョン管理はgitにしたいし、いつも使っているエディタで書きたい。

git管理にする

これについてはすでにエントリがある。
claspを使い、Google Apps Scriptプロジェクトをgitでバージョン管理する

上記記事のように、claspを使って管理できる。
使い方はgitコマンドに似ていて、

$ clasp create project_name

でプロジェクトの作成、あるいは

$ clasp clone project_id

でクローンができる(project_idは、ドライブにあるScriptに割り当てられていて、ブラウザから確認できる)。

VSCodeで編集する

VSCodeで公開されているプラグインに、GASのsyntax highlightはまだない。
そこで.gsファイルには.jsのsyntax highlightを適用するように設定変更する。
下記記事を参考にした。

VSCodeのシンタックスハイライトと拡張子の関連付け

方法は二つあるが、どちらもfiles.associationsを変更している。

方法1でMacなら、
1. Command + ,
2. files.associationsと入力
3. 下記をUser settingsに追記

{
    "files.associations": {
        "*.gs": "javascript"
    }
}

GASのサンプルを読んでみる

最近は、「マニュアルに沿って書くと一つ動くものができる」形式のプログラミング講座が溢れているように見える(僕はこれを、ディアゴスティーニ式と読んでいる)。

何かしらプログラミングをしたことのある人なら、すでにできているコードを読むほうが学びが多く早い。
GASの場合は、普通にgithubに公式のサンプルアプリがある。説明も中に書いてある。

https://github.com/gsuitedevs/apps-script-samples

ドキュメントは下記
https://developers.google.com/apps-script/