Posted at

i18n対応AngularアプリケーションをFirebase Hostingで公開するときの設定

More than 1 year has passed since last update.


前提

以下の記事の構成でi18n対応AngularアプリケーションをFirebase Hostingに公開したい。

https://qiita.com/daikiojm/items/c7aebeae30c86d48d0c8


設定

firebase.jsonを次のように設定する。


firebase.json

{

"hosting": {
"public": "dist",
"ignore": [
"firebase.json",
"**/.*",
"**/node_modules/**"
],
"redirects": [
{
"source" : "/",
"destination" : "/en",
"type" : 301
}
],
"rewrites": [
{
"source": "/ja/**",
"destination": "/ja/index.html"
},
{
"source": "/en/**",
"destination": "/en/index.html"
}
]
}
}


  • public


    • ここに設定したパス以下のファイルがデプロイされるので、今回の場合en/jaどちらのディレクトリもデプロイされる
      -  redirects

    • デフォルトの言語をenにしたいので/にアクセスした際に/enにリダイレクトするように設定



  •  redirects



    • /ja|en/**にマッチするアクセスがあった際に対応するindex.htmlを表示するように設定




参考

https://firebase.google.com/docs/hosting/url-redirects-rewrites?hl=ja