Help us understand the problem. What is going on with this article?

Slack API attachmentsチートシート

attachmentsとは

Slackのメッセージを装飾するもの。
通知系のBotで投稿するメッセージをリッチなものにするのに有効だったりします。
次の画像は、attachmentなしと、attachmentありの比較です。

attachmentなし

なし.png

attachmentあり

あり.png

パラメータ

fallback

解説

添付に対するプレーンテキストでの要約。
ドキュメントによると、フォーマットされたテキストを表示しないクライアントで表示されるとあるが、未だ表示されるクライアント、シーンに出くわしたことはない。
fallbackという名の通り、念のためattachments内容の要約テキストを指定しておくとよいかと。

指定例

"fallback": "This is test attachment",

color

解説

attachmentsの色を指定する。
プリセットの3種類があり、それ以外にもカラーコードで指定することも可能。

プリセット

  • good
  • warning
  • danger

それぞれ信号の、青、黄色、赤のような色です。

カラーコードでの指定

カラーコードで自由な色を指定することも可能です。
スクリーンショット 2017-07-01 14.24.48.png

デフォルト

colorが未指定のattachmentsは次のように表示されます。
スクリーンショット 2017-07-01 14.27.10.png

指定例

プリセット
"color": "good",
カラーコード
"color": "#FFC0CB",

pretext

解説

attachmentsブロック(↑のcolorの横に表示される領域)の上に表示されるテキストを指定します。
以下のキャプチャのようにメッセージ本体にtextをしている場合は、見分けがつかなくなります。

pretext.png

複数のattachmentを付加する場合は、有効ですね。

スクリーンショット 2017-07-01 14.39.05.png

指定例

"pretext": "これがpretext",

author parameters

解説

Authorの情報を指定する一連のパラメータです(author_で始まる)。

author.png

  • author_name
    Authorの名前
  • author_link
    Authorのリンク(author_nameがリンクテキストになる)
  • author_icon
    Authorのアイコン(画像URLを指定する)

指定例

"author_name": "daikiojm",
"author_link": "http://qiita.com/daikiojm",
"author_icon": "https://avatars1.githubusercontent.com/u/10055293?v=3&u=1d1491fc3c27e10e93cc364ee0556a3b768c29b2&s=100"

title

解説

attachmentのタイトルです。

title.png

指定例

"title": "TEST",

title_link

解説

タイトルのリンクです。

指定例

"title_link": "http://qiita.com/daikiojm",

text

解説

attachmentの本文です。

指定例

"text": "test:goode",
改行は\nで
"text": "test:goode\ntest2",

fields

解説

1つのattachment内に複数のグループを表示させたいときに使用します。
attachment内にattachmentを入れ子表示するイメージ。

fields.png

横並びのfields(shortを指定した場合)
スクリーンショット 2017-07-01 15.59.15.png

  • title
    グループのタイトル
  • value
    グループの内容
  • short
    attachmentの半分の横幅で表示させるフラグ

指定例

"fields": [
    {
        "title": "fields attachment1",
        "value": "fields test",
    },
    {
        "title": "fields attachment2",
        "value": "fields test",
    }
]
short
"fields": [
    {
        "title": "fields attachment1",
        "value": "fields test",
        "short": "true"
    },
    {
        "title": "fields attachment2",
        "value": "fields test",
        "short": "true"
    }
]

image_url

解説

attachmentに埋め込む画像URLを指定する。
対応フォーマットはGIF, JPEG, PNG, BMP

スクリーンショット 2017-07-01 16.12.41.png

指定例

"image_url": "https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/79414/ea00d65c-b9b7-3b97-df98-11d5b2fc6bfa.png",

thumb_url

解説

attachmentに埋め込むサムネイル画像URLを指定する。
対応フォーマットはGIF, JPEG, PNG, BMP
image_urlとは画像の表示のされ方が違う。

スクリーンショット 2017-07-01 16.18.41.png

指定例

"thumb_url": "https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/79414/741aebb5-d320-4eb1-f765-59d462f32515.png",

footer

解説

attachmentに埋め込むフッター情報の一連のパラメータです。

footer.png

  • footer
    フッター情報を指定します。 最大文字数は300文字
  • footer_icon
    フッターアイコンの画像URLを指定する。
  • ts
    attachmentに付加する情報に対するタイムスタンプ(UNIXタイムスタンプ)を指定します。 ログ系の通知ボットなどを実装する際は便利かも(?)

指定例

"footer": "Send from Python",
"footer_icon": "https://avatars1.githubusercontent.com/u/10055293?v=3&u=1d1491fc3c27e10e93cc364ee0556a3b768c29b2&s=100",
"ts": "1498894191",

出典

slack API: Attaching content

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした