Markdown
ATOM
改善

仕様書をMarkdownで書く時に、Atomエディタを使ってみた

More than 1 year has passed since last update.


理由

「集中できる開発スタイルを目指して」で、書いたのですが、仕様書をmarkdownでコミットするようになって、リアルタイムで表示を確認したいと思ったため、使い始めました。


良い所

何も入れずに、デフォルトでマークダウンがプレビュー出来ます。

カスタマイズしなくて良いのは、本当に良いですね^^

レスポンスも遅いと言われている割に、個人的には余裕で許容範囲だと思います。


悪いところ

フォントの設定をしても、プレビューに反映されません。そちらは別途設定する必要がありました。

AtomでカッコよくMarkdown PreviewするためのCSS


小ネタ

Ctrl + Shift + Mで、今開いているファイルのマークダウンプレビュー出来ます。


まとめ

Markdownのためだけに、Atomを使うのはありだと思います。

エディタ戦争とかありますが、全部1個で担うのではなく、要所要所で

最適なものを使っていけば良いのでは無いかと思います。

ちなみに、エディタですが、

* サクラエディタ(ファイルの文字コード確認&とりあえず中身見るとき)

* SublimeText3(ソースコード開くときなど)

* Atom Editor(Markdown編集)

* Vim(サーバでの修正や、git操作中にちょっと修正したい時)

* Netbeans(PHPとNode.js開発で使ってます)

を使ってます。それぞれ役割が違いますが、使っていて良い感じです^^

使いすぎやないかい!!とか、ツッコミたくなりますかね?^^