Help us understand the problem. What is going on with this article?

Site24x7でAWSを監視してみた

Site24x7でAWS環境を監視してみる

サーバー系の監視は他記事で紹介されているので、Site24x7で実際に利用しているAWS監視を紹介します。

AWS監視追加方法について

  1. [管理] -> [監視の追加] -> [Amazon Web Service]を選択します。
    AWS監視追加01.png

  2. アクセスキーを指定
    登録方法、「IAMロールに登録」「アクセスキーで登録」の2通りがあります。
    今回は「アクセスキーで登録」を選択し、アクセスキーID、シークレットアクセスキーIDを指定します。
    ※アクセスキーIDとシークレットアクセスキーIDはAWSのポータルから取得します。
    AWS監視追加02.png

監視オプションがたくさんありますが、監視したいサービスを選択し[AWSリソースのディスカバリ]をクリックします。
AWS監視追加03.png

  1. AWSアカウントの追加を確認 追加後、ダッシュボードが表示されます。各サービスの利用状況が一目で把握できます。 サービス利用の履歴も見れたりしていい感じ。 AWS監視追加04.png

EC2のレポート

EC2の監視画面はこんな感じ。
AWS監視追加05.png

可用性とCloudWatchで見れるデータを引っ張ってきている感じ。
AWS監視追加06.png
AWS監視追加07.png

RDSのレポート

RDSインスタンスのレポートもEC2と同じようにCloudWatchの情報を引っ張ってきているみたい。
AWS監視追加08.png
AWS監視追加09.png

まとめ

AWSの監視追加はアクセスキー指定するだけで簡単に始められました。
次回は、EC2監視でもう少し詳細なデータを見る方法を紹介したいと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away