Zsh
UNIX
zshrc

.zshrcの設定例(設定内容の説明コメント付き)

zshの設定ファイルである、 .zshrc の設定例です。
標準シェルである bash では出来ない機能をいくつか入れています。

zshのインストール方法については以下をご覧ください。
https://qiita.com/d-dai/items/084cace7f6bfd3580f9d

設定の特徴

  • cd を実行した後、自動で ls -ltr を実行
  • cd で自動で pushdされる
  • history コマンドで時刻も表示
  • Ctrl+rでインクリメンタルサーチ、Ctrl+sで逆順サーチ
  • プロンプトに現在時刻を表示
  • gitのブランチ名をプロンプト右に表示
  • cdを省略して、ディレクトリ名だけ入力しても移動が可能
  • Tabを押して補完を表示したら、左右キーで候補選択可能

設定内容

# Ctrl+Dでログアウトしてしまうことを防ぐ
setopt IGNOREEOF

# 日本語を使用
export LANG=ja_JP.UTF-8

# パスを追加したい場合
export PATH="$HOME/bin:$PATH"

# 色を使用
autoload -Uz colors
colors

# 補完
autoload -Uz compinit
compinit

# emacsキーバインド
bindkey -e

# 他のターミナルとヒストリーを共有
setopt share_history

# ヒストリーに重複を表示しない
setopt histignorealldups

HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000

# cdコマンドを省略して、ディレクトリ名のみの入力で移動
setopt auto_cd

# 自動でpushdを実行
setopt auto_pushd

# pushdから重複を削除
setopt pushd_ignore_dups

# コマンドミスを修正
setopt correct


# グローバルエイリアス
alias -g L='| less'
alias -g H='| head'
alias -g G='| grep'
alias -g GI='| grep -ri'


# エイリアス
alias lst='ls -ltr --color=auto'
alias l='ls -ltr --color=auto'
alias la='ls -la --color=auto'
alias ll='ls -l --color=auto'
alias so='source'
alias v='vim'
alias vi='vim'
alias vz='vim ~/.zshrc'
alias c='cdr'
# historyに日付を表示
alias h='fc -lt '%F %T' 1'
alias cp='cp -i'
alias rm='rm -i'
alias mkdir='mkdir -p'
alias ..='c ../'
alias back='pushd'
alias diff='diff -U1'

# backspace,deleteキーを使えるように
stty erase ^H
bindkey "^[[3~" delete-char

# cdの後にlsを実行
chpwd() { ls -ltr --color=auto }

# どこからでも参照できるディレクトリパス
cdpath=(~)

# 区切り文字の設定
autoload -Uz select-word-style
select-word-style default
zstyle ':zle:*' word-chars "_-./;@"
zstyle ':zle:*' word-style unspecified

# Ctrl+sのロック, Ctrl+qのロック解除を無効にする
setopt no_flow_control

# プロンプトを2行で表示、時刻を表示
PROMPT="%(?.%{${fg[green]}%}.%{${fg[red]}%})%n${reset_color}@${fg[blue]}%m${reset_color}(%*%) %~
%# "

# 補完後、メニュー選択モードになり左右キーで移動が出来る
zstyle ':completion:*:default' menu select=2

# 補完で大文字にもマッチ
zstyle ':completion:*' matcher-list 'm:{a-z}={A-Z}'

# Ctrl+rでヒストリーのインクリメンタルサーチ、Ctrl+sで逆順
bindkey '^r' history-incremental-pattern-search-backward
bindkey '^s' history-incremental-pattern-search-forward

# コマンドを途中まで入力後、historyから絞り込み
# 例 ls まで打ってCtrl+pでlsコマンドをさかのぼる、Ctrl+bで逆順
autoload -Uz history-search-end
zle -N history-beginning-search-backward-end history-search-end
zle -N history-beginning-search-forward-end history-search-end
bindkey "^p" history-beginning-search-backward-end
bindkey "^b" history-beginning-search-forward-end

# cdrコマンドを有効 ログアウトしても有効なディレクトリ履歴
# cdr タブでリストを表示
autoload -Uz add-zsh-hook
autoload -Uz chpwd_recent_dirs cdr
add-zsh-hook chpwd chpwd_recent_dirs
# cdrコマンドで履歴にないディレクトリにも移動可能に
zstyle ":chpwd:*" recent-dirs-default true

# 複数ファイルのmv 例 zmv *.txt *.txt.bk
autoload -Uz zmv
alias zmv='noglob zmv -W'

# mkdirとcdを同時実行
function mkcd() {
  if [[ -d $1 ]]; then
    echo "$1 already exists!"
    cd $1
  else
    mkdir -p $1 && cd $1
  fi
}

# git設定
RPROMPT="%{${fg[blue]}%}[%~]%{${reset_color}%}"
autoload -Uz vcs_info
setopt prompt_subst
zstyle ':vcs_info:git:*' check-for-changes true
zstyle ':vcs_info:git:*' stagedstr "%F{yellow}!"
zstyle ':vcs_info:git:*' unstagedstr "%F{red}+"
zstyle ':vcs_info:*' formats "%F{green}%c%u[%b]%f"
zstyle ':vcs_info:*' actionformats '[%b|%a]'
precmd () { vcs_info }
RPROMPT=$RPROMPT'${vcs_info_msg_0_}'