Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Article information
RevisionsShow article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?

This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

@custodial

カスタムドメイン + AWS Certificate Manager(ACM)

記事は沢山あるが自分用のためのメモ書き

やりたいことは以下の通り

当記事で記載していること

  1. 自分で取得したドメイン(マイドメイン)にACMでSSL証明書を取得
  2. ネームサーバをRoute53以外で管理する

気を付けること

  1. SSL証明書取得時のDNS認証
  2. マイドメイン利用するためのCNAME設定

手順

1. 自分で取得したドメイン(マイドメイン)にACMでSSL証明書を取得

証明書のリクエストをクリック

枠ついてる箇所を順次クリック

1.PNG
2.PNG
3.PNG

赤枠内にSSL証明書を充てたいマイドメインを入力

4.PNG
5.PNG

DNS認証用の設定が表示されるためコピーしておく

名前
XXXXXX YYYYY

ここまででAWS側でのSSL証明書取得については完了

次は別ネームサーバでの設定

2. ネームサーバをRoute53以外で管理する

今回は自分用なのでお名前.comで取得したドメインのためその手順

DNS関連の設定へ遷移

お名前1.PNG
お名前2.PNG

CNAME設定を追加する

AWSで表示された名前・値を利用

ホスト名 VALUE
XXXXXX YYYYY

もちろんTYPEはCNAME

※コピペした場合、自分の場合は半角スペースなどが含まれ一瞬悩んだので注意
また、末尾のドット(.)も不要なので気を付ける

お名前.comの場合は後は保存して完了

デフォルトのままの場合は下記のようになる

お名前3.PNG

ドメイン認証がされた場合

6.PNG

発行済になる

認証されるまでは待つ必要があり、認証のリクエストを自分で制御することはできない

数時間~1日待っても反映されない場合は、何か設定がおかしいはずなのでDNSをチェックするしかない

nslookup,digなど

一旦ここまでで完了

次に書くのは カスタムドメイン + SSL + API Gateway

Article information
RevisionsShow article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
Article information
RevisionsShow article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?