Help us understand the problem. What is going on with this article?

Jenkinsのログファイルをタイムスタンプ付きで保存する

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

Jenkinsのログにタイムスタンプを残したいと思ったことはないでしょうか?
何かあったときに後から確認したい、監査に使いたい、等々。

ただ見たいだけであれば、Timestamperプラグインを入れることで、JenkinsのGUIの画面上から確認することはできます。

しかし、ログがたくさんたまったらアーカイブして…ということをしていると、古いログのタイムスタンプは見れなくなってしまいます。(そんな古いログのタイムスタンプを見る必要があるかどうかは置いておいて…)
スクリーンショット 2016-11-09 20.12.16.png

上記に該当するログファイルを見ても、以下のようにGUIの画面では見えていたはずのタイムスタンプが見当たりません。

root@test ~]# cat /var/lib/jenkins/jobs/test-job/builds/1/log
Started by user ha:AAAAlx+LCAAAAAAAAP9b85aBtbiIQTGjNKU4P08vOT+vOD8nVc83PyU1x6OyILUoJzMv2y+/JJUBAhiZGBgqihhk0NSjKDWzXb3RdlLBUSYGJk8GtpzUvPSSDB8G5tKinBIGIZ+sxLJE/ZzEvHT94JKizLx0a6BxUmjGOUNodHsLgAzWEgZu/dLi1CL9xJTczDwAj6GcLcAAAAA=admin
Building in workspace /var/lib/jenkins/jobs/test-job/workspace
[workspace] $ /bin/sh -xe /tmp/hudson4221146535790319885.sh
+ echo Hello
Hello
Finished: SUCCESS

方法

JenkinsのAPIを使い、以下のURLにアクセスすると、タイムスタンプ付きのログのみをテキストで見ることができます。
http[s]://[url]/job/[job_name]/[build_number]/timestamps/?time=HH:mm:ss&appendLog

スクリーンショット 2016-11-09 20.20.10.png

これを利用して以下のように curl コマンドや wget コマンドを使うことで、タイムスタンプ付きのログファイルを保存することができます。

[root@test ~]# curl -u test:test "http://192.168.10.20:8080/job/test-job/1/timestamps/?time=HH:mm:ss&appendLog" -o test-job.log
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
121   242    0   242    0     0   1172      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--  1174

注意点

これに対応しているのが、Timestamper 1.8.0からなので、それより新しいバージョンでないと使えません。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away