Edited at

NetBeansの初期設定をさくっと終わらせたい(PHP)

More than 1 year has passed since last update.


なにするの

タイトル通りだよ。NetBeansをインストールした直後の初期設定。

こうゆうのって、地味に忘れてしまいがちなので備忘録として


最低限最初にやっときたいこと


true・false・nullを小文字で補完

デフォルトでは大文字なので、以下ファイル編集する

{ダウンロードしたディレクトリ}/php/phpstubs/phpruntime/Core.php


Core.php(変更前)

define ('TRUE', true);

define ('FALSE', false);
define ('NULL', null);


Core.php(変更後)

define ('true', true);

define ('false', false);
define ('null', null);

参考:NetBeans、FuelPHP と過ごしたこの 2 ヶ月


カラースキーム・フォント

黒くしたいよね。見た目大事。

プラグイン:Darcula LAF for NetBeans とか、Dark Look And Feel Themesとか

私は、Darcula LAF for NetBeansを使用

* オプション外観ルック・アンド・フィール[優先ルック・アンド・フィール]Darcula

* オプションエディタ → [フォーマット]Noway Today

* オプションエディタ → [フォント]Ricty Diminished 18

(Ricty Diminishedは別途ダウンロード必要)

* オプション外観Darcula Look and Feel→ ここでメニューとかのフォントとか変えたければ変更。

エディタの背景とかは適当に変えたりしてる。


文字コード

新規プロジェクト作成するときにちゃんと指定すれば大丈夫かと。たぶん。

デフォルトを変更したい場合はnetbeansの設定変更が必要(割愛)


改行コード

以下2ついれてる。私の場合、改行コードの確認は前者、変換(ってゆうか指定)は後者で行ってる。


  • プラグイン:Show and change line endings

改行コードの確認・変更ができる。右下に表示されるから、そこで確認・変更。


  • プラグイン:Change Line Endings on Save

保存するときに指定の改行コードに変換してくれる。

オプションエディタLine Endings(プラグイン入れると追加されるタブ)

  → [Enable adjusting the line endings]:チェックを入れて、お好きな改行コード選択

(変換する際、ダイアログ出してほしければ下のにもチェック入れる)


ファイルのパスを表示



オプション外観ドキュメント・タブ[フル・ファイル・パスの表示]:チェックいれる

Show path in titlebarってゆうプラグイン入れてもいいと思う。(こっちは、上のバーにパスが表示される)


エディタのタブをプロジェクトごとにほかの色にする



オプション外観ドキュメント・タブ[同じプロジェクトのファイルと同じ背景色]:チェックいれる


ここからは細かい設定

場合によってはやってもやらなくてもいいと思ってる。


エディタ


フォーマット

タブを空白にしたいとか、そういう設定が必要あれば

オプションエディタフォーマット で。

上記は全体の設定だけど、プロジェクトごとに変えたければ

プロジェクトを右クリックフォーマットで。


保存時に、末尾の空白除去

オプションエディタ保存時[次から末尾の空白を除去]:「すべての行」か、「変更された行」を選択

どっちにするかは、状況によりけり。

「すべての行」にすると、自分がいじってないコードにも差分が出ちゃう場合があるので、それが嫌なら「変更された行」を選ぶ。


空白とか、表示不可系の強調表示

オプションフォントと色強調表示:好みで編集

表示不可の文字を表示する際、色が気に入らなかったらここを編集していい感じにする

たとえば、カテゴリ[末尾の空白][前景]を赤にしとけば、削除し忘れが回避できたりする。

(前述の設定してれば勝手に削除されるけど)


その他


エクスプローラーでフォルダを開きたい

プラグイン:Explore from Here


リモートにある開発環境のソースを編集したい

こちらをちぇけら:NetBeansでリモートの開発環境のファイルを編集する