Edited at

NetBeansでリモートの開発環境のファイルを編集する


なにするの

NetBeansで、リモートにあるPHPのソースをローカルのNetBeansで編集できるようにする。

今回はSFTPで。


手順


「ファイル」→「新規プロジェクト」

これは普通にいつも通り


リモート・サーバからの...を選んで「次」


プロジェクト名を記入して

その他は自分の環境に合わせて「次」


「リモート接続」の「管理」をクリックしてリモートの情報登録

管理画面の「追加」をクリックすると、以下でるので接続名は適当につけて、接続型を選択。

赤枠の部分を入力。「接続をテスト」をクリックすれば、接続確認できる

入力完了したら「OK」をクリック

諸事情あっていろいろ隠してるけど、[プロジェクトURL]と[アップロードディレクトリ]を入力、「リモート接続」の部分は、さっき登録したやつを選択して「次」。

アップロードディレクトリは、さっき入力したやつでOKなら「/」でいいと思う。

操作したいディレクトリだけ選んで「終了」

これで、ファイルがダウンロードされる(時間かかる)


途中でリモートに接続してもいいかって警告でるよ

「OK」する


ファイルを編集してアップロードしたかったら

デフォルトでは保存したら自動でアップロードされる。

変更したかったら、プロジェクトを右クリック→「プロパティ」から、「実行構成」のここを変えるっぽい。


リモートの変更をダウンロードしたかったら

ダウンロードしたいファイル、またはディレクトリを右クリック→「ダウンロード」


おわり

そのうちリモートデバックに関してもまとめたい


追記

上記方法でリモートからファイルをダウンロードすると時間が結構かかるので、ダウンロードはrsyncを使用したほうがよさそうな気がします。

rsyncで、リモートとローカルのディレクトリを同期


更に追記

上記方法ではなく、

rsync でローカルにソース持ってくる



「既存のプロジェクト作成」でプロジェクト作成



設定の途中でリモートサーバとかパスを指定(保存時に自動でアップロードする設定も)

これで、アップロードはNetBeansの機能で保存時に自動で行われ、

リモートがもし更新(git pullした時とか)されたときはrsyncで持ってくる方法で落ち着きました。