SoftLayer

SoftLayer Server Cancellation の取り消し

More than 3 years have passed since last update.


0. はじめに

SoftLayer 環境で Cancel (以下、キャンセル)するサーバーを間違えた場合にどの様にするキャンセルを取り消すか(ちょっと判りにくいですね :sweat_smile: )について書いてみたいと思います。

また、Hourly 課金の場合、非常に短い時間(数分)で実際に削除される事例を確認していますので、今回の記事は Monthly 課金のサーバーを対象にしているとお考え下さい。


1. キャンセル時の選択肢

Device List などからキャンセルする際のオプションは、そのサーバーの課金が Hourly か Monthly で選択肢が異なります。

以下は Monthly の例ですので、即時(Immediately)にキャンセルするか、次回の Anniversary Date に削除するかを選択可能です。

cancel1.png

一方、Hourly の場合は即時(Immediately)にキャンセルする以外の選択肢はありません。


2. Anniversary Date でのキャンセルの取り消し

操作直後に間違いに気が付いた場合、以下の様に cancellation page へのリンク含むメッセージが表示されているはずですので、そのリンクを辿ります。

cancel_voidablemsg.png

また、このメッセージに気づかずに画面を切り替えた場合でも、カスタマー・ポータルから Account -> Sales -> Cancellations の順に選択することで、キャンセルの一覧を表示できます。

cancelvoid2.png

上記画面右側の Void Cancellation のリンクをクリックすることで、以下の確認ダイアログが表示されます。

cancelvoidconfirm.png

ここで Yes をクリックすることで、キャンセルを取り消すことが可能です。


3. 即時(Immediately)キャンセルの取り消し(の試み)

この場合でも、経験上はしばらくの間、サーバーは以下の様な状態でしばらくの間は Device List 上に消されずに残っています。

cancelvoid3.png

この時点では、Cancellation の依頼はチケットの形で Support -> Tickets から参照可能です。

cancelvoid3.png

上記の様に表示されるチケットへの Update として、この Cancellation request を Void(取り消し)したい旨を伝えれば、(確実ではありませんが)復旧できる可能性があると考えています。

Update の例:

Hello,

I would like to void this cancellation request for hostname.softlayer.com.
If it is possible, please void this cancellation request, please.


4. おわりに

一切の間違え無しに操作できれば一番ですが、「やらかしてしまった」場合でもこんな方法があるということが頭の隅に残っていれば、落ち着いて操作することで「やらかしてしまう」確率も下がるのではないかと思っています。