Help us understand the problem. What is going on with this article?

[*Raspberry Pi*] Blynkを使ってスマホからLEDチカチカ

More than 5 years have passed since last update.

はじめに

BlynkというスマホアプリでRaspberry PiのLEDをチカチカしたりできると最近知ったので触ってみました。

手順

1. Blynkのインストール

スマートフォンやタブレットなどからBlynkをインストール。
IMG_0080.png

アカウントを作成。
IMG_0081.png

2. Raspberry Pi側の設定

WiringPiを入れる。

$ git clone git://git.drogon.net/wiringPi
$ cd wiringpi
$ ./build

Blynkを入れる。

$ git clone https://github.com/blynkkk/blynk-library.git
$ cd blynk-library/linux
$ make clean all target=raspberry

3. 回路を組む

今回はLEDでやるのでLEDの回路を組みます。
LEDを4つ使ってみました。
IMG_0084.jpg

4. Blynkでプロジェクト作成

Blynkで新しいプロジェクトを作成します。
プロジェクト名を何か付けて、HARDWARE MODELは今回はラズパイ2を使っているので画像のものを選んでいます。
AUTH TOKENE-mailボタンを押して、アカウント作成時に登録したメールアドレスの方に送ります。
最後にCreate New Projectボタンを押します。
IMG_0086.png

プロジェクトができたら画面をタッチ。
するとこんな感じの画面が出てくるので今回はButtonをクリック。
すると画面にボタンが追加されると思うので、ボタンをクリックします。
IMG_0088.png

一番上の四角にはボタンの名前を入れます。右側の色の付いた丸がボタンを押した時の色です。
OUTPUTの一番左の四角をクリックすると、Gpioを選べると思うので、左はDegitalで右は今回LEDの回路を組んだ時に使ったGpio番号を指定します。
私は今回14、15、18、23を使っているのでボタンを4つ追加します。
IMG_0091.png

追加してこんな感じになりました。
IMG_0093.png

5. LEDをチカチカしてみる

ラズパイ側で下記のようにします。
「Ready」と出てきたら準備OKです。

$ cd ~/wiringPi/blynk-library/linux
$ sudo ./blynk --token=efd5f96********** ←「--token」の右はメールで送られてきたAUTH TOKENを指定
[0] Blynk v0.2.5-beta
[5001] Connecting to cloud.blynk.cc:8442
[5601] Ready (ping: 204ms).

Blynkに戻って右上に「▷」ボタンがあると思うのでそれをクリックします。
そしてボタンをクリックします。
その後光らせたいLEDのボタンをクリックします。
IMG_0095.png

光った!
ボタンそれぞれに対応付けられたLEDが光ります。
IMG_0542.jpg

最後に

他にも温度センサーとか繋げたら温度出したりと、そういうことができるみたいです。
Raspberry PiだけではなくArduino、Spark Core、TinyDuino、Wildfire、ESP8266、Generic Boardなど、選択できるハードウェアは複数あるようです。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away