Help us understand the problem. What is going on with this article?

[*その他*] ChromeにてAjaxでローカルファイルにアクセス

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

ローカルにあるjsonファイルを$.getJSONで読み込んで、それを使ってあれこれやりたかったが、
Chromeで以下が発生。
ローカルファイルにAjaxリクエストを送ると怒られる。

スクリーンショット 2015-05-24 10.19.03.png

XMLHttpRequest cannot load file:///Users/test/Documents/json/contents.json.Cross origin requests are only supported for protocol schemes: http, data, chrome, chrome-extension, https, chrome-extension-resource.

これが発生すること自体は知っていたが、特に今までChromeじゃないと困るってことは無かったのでエラーが起きないFirefoxを使ってローカルで確認していた。
今回Chromeの方がいい事情があり、解決策を調べてみた。
ローカルサーバーをたてるとかそういうのは面倒くさいのでしたくなかった。

解決

調べてみるとChromeではセキュリティ上の都合でローカルファイルへのAjaxリクエストはできないようになっているらしい。
--allow-file-access-from-filesをつけてChromeを起動すればいけると書いてあったのでやってみたものの、動かず。

最終的にMacではsudoつけたらいけた。

$ sudo /Applications/Google\ Chrome.app/Contents/MacOS/Google\ Chrome --args -allow-file-access-from-files

Windowsも調べてChromeのショートカットを右クリック→PropertiesでTargetの後ろに--allow-file-access-from-filesを付けてChromeを起動したがうまく動いてくれなかった。
それで管理者権限でコマンドプロンプト起動してChromeのパス --allow-file-access-from-filesでいけた。
次からはショートカットダブルクリックしただけ動くようになってた。

見ていたところに管理者で実行しないといけない系のことは書いてなかったのでそんなことは思いつかず、現行バージョンではダメになったのかな〜ってちょっとの間悩んだ。

2018/02/16
簡易的なローカルサーバー立てるのもそこまで手間でもないのでもういっそローカルサーバーでも良さそう。

$ npm install -g live-server
$ cd <ドキュメントルートとするディレクトリ>
$ live-server .
# http://localost:8080/でブラウザからアクセス可能

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした