Zsh
Mac
zshrc

Macの初期セットアップメモ(1) - terminal,zsh周り

Macが汚れてきたのでクリーンインストールすることに。今後のために初期セットアップ事項をまとめておく。ボリュームが多そうなので複数記事に分けて書いていく。まずは基本の基本。

環境情報

MacBook Air (13-inch, Mid 2011)
macOS High Sierra (v10.13.6)

文字入力周りの設定

キーボード入力はMac操作の基本中の基本なので、何はともあれまずここを整える。

Windows風のキー操作を適用する

これをしておくと以下のようなショートカットが有効になる。これに慣れているので基本チェック入れる。MS-IMEで採用されているショートカットなのでWindows風と呼ばれている(多分)。ctrl+tとctrl+iはかなり多用する。

  • 環境設定 > キーボード > 入力ソース > Windows風のキー操作をチェック スクリーンショット 2018-08-05 13.07.22.png
ショートカット 変換内容 ファンクションキーで言うと
ctrl+i 全角カタカナ F7
ctrl+u 全角ひらがな F6
ctrl+p 全角英数 F9
ctrl+t
ctrl+o
半角英数 F10

fn押さなくてもファンクションキーが使えるようにする

いちいちfnを押さないとF7でカタカナ変換とかできないのは不便なので設定変更。

  • 環境設定 > キーボード > F1、F2などのキー...をチェック スクリーンショット 2018-08-05 12.17.32.png

キーのリピートを最速に

リピートで文字を入力することはほぼないけれど、Backspaceで消すときやカーソルを矢印キーやctrl+fとかで移動するときも早い方が良いので最速に設定する。
スクリーンショット 2018-08-05 12.23.01.png

設定項目とその説明は以下の通り。

項目 内容
キーのリピート リピートしている時の入力速度。早いとタタタタッと入力される。
リピート入力認識までの時間 キーを押しっぱなしにしてからリピートが始まるまでの時間。

Terminal周り

Terminalの色をIcebergにする

以下のサイトを参考に実施
https://cocopon.me/blog/2014/04/iceberg-for-terminalapp/

  1. 以下のサイトからIceberg for macOSをダウンロード
  2. Treminal > 環境設定 > プロファイル > 歯車アイコン > 読み込むでさっきダウンロードしたファイルを選択
    スクリーンショット 2018-08-05 12.07.15.png

  3. Icebergが追加されているのでそれを選択した状態で左下の「デフォルト」をクリック。これでIcebergがデフォルトで適用されるようになる。
    スクリーンショット 2018-08-05 13.03.57.png

exitしたらウィンドウを閉じるようにする

exitしてもウィンドウが残るが好きじゃないので設定変更。

  • terminalの環境設定 > プロファイル > シェル > シェルの終了時を「シェルが正常に終了した場合は閉じる」に変更 スクリーンショット 2018-08-05 13.03.17.png

シェルの設定

ログインシェルをzshにする

デフォルトでzshはインストールされているので以下のコマンドで変更

chsh -s /bin/zsh

.zshrcを設定する

少し凝ったzshrcを拝借。色つけ、補完機能、プロンプトを複数行にして見やすくといったことをしてくれる。とてもGOOD。

プロンプト複数行とはこんなイメージ(ユーザ名:hoge,コンピュータ名:hogenoMacBook、カレントディレクトリ: ~、の状態)。カレントディレクトリが深くなるとコマンド打つスペースが狭くなるのを防げる。

# 普通のプロンプト
hogenoMacBook% 
# 複数行のプロンプト
[hoge@hogenoMacBook] ~
% 

.zshrcを設定してから改めてterminalを開くと以下が出てきた。なぜこのタイミングでこのダイアログが出るのかはわからないが、今後gitは使うのでとりあえずインストールした。
スクリーンショット 2018-08-05 12.43.50.png

今後について

データサイエンスの勉強もやっていきたいのでpython3やその他必要なモジュールをインストールしていきます。続きはMacの初期セットアップメモ(2)へ。