Edited at

IPv6 IPoEっていうの、やめない?

More than 1 year has passed since last update.

フレッツ光ネクスト関連で目にする「IPv6 IPoE」っていうキーワード、ずっと昔からもにょってた。

そろそろ「IPv6 IPoE」っていうの、やめない?


フレッツ系で言われる「IPv6 IPoE」にある2つの意味と、そう言われるようになったであろう理由


1つ目「PPPoE接続ではない」

NTTではADSLの頃から、「PPPoE」と呼ばれる接続方式を使って、プロバイダに接続していました。当然、IPv6インターネット接続も同様で、PPPoEを利用していたのですが、フレッツ光ネクスト(NGN)からIPv6通信はVNE(仮想固定通信提供者)を介して直接インターネットに接続(ネイティブ接続)できるようになりました。

「PPPoEを利用したIPv6インターネット接続」と「PPPoEを利用しない(ネイティブ接続)」を対比して、「IPv6 IPoE接続」等と言われるようになったのではないかと思います。


2つ目「PPPoEを利用しないIPv4接続」

フレッツ光ネクスト以降、IPv4もPPPoEを使わないでインターネットに接続する方法が出てきました。

それは、IPv6(ネイティブ接続)を使ってIPv4接続を行う、「IPv4 over IPv6接続」です。

IPv6ネイティブ接続を利用するため、「IPv6 IPoE接続方式」などと言われるようになったのではないかと思います。


感じる違和感

もはや趣味の領域といってしまえばそうなのですが、「IPv6 IPoE」という呼び方に違和感を感じます。


IPv6 IPoEの本来の意味

「IPv6通信をEthernet上で行っていますよ」という意味です。

※Ethernetはごくごく普通のLANやWiFiなどで利用されている通信規格です。

つまり、「車が地面を走っています」に近い何かを感じるわけです。

車が空を飛ぶようになったとしたら、既存のような車は「地面を走る車」などと言われるようになるのでしょうか。或いは、「一般的な車」や「普通の車」などとわざわざ言うのでしょうか。


近い感覚

J( 'ー`)し「たかし、もうファミコンやめてご飯にしなさい」

('A`)「ファミコンしてるんじゃなくて、PCで夏休みの自由研究の調べ事してるんだよ」

J( 'ー`)し「あらそう?じゃあきりの良いところでご飯にしなさいね」


こう呼んだらいいんじゃないかな

「IPv6 IPoE」ではなく

「IPv6ネイティブ接続」…PPPoEを使わずにIPv6でインターネット接続を行うこと

もしくは

「IPv4 over IPv6ネイティブ接続」…PPPoEを使わずにIPv6ネイティブ接続上でIPv4接続を行うこと


結論


  • 割とどうでもいいかもしれない

  • ただ、このまま会話が噛み合わなくなる可能性が割と高い気がする

  • そもそもPPPoEの輻輳問題を改善していれば、こんなことにはならなかった気がする