YouTube
pov-ray

Youtubeの360度動画用画像をPOV-Rayでレンダリングする

More than 3 years have passed since last update.


結果

YoutubeにPOV-Rayでレンダリングした360度用の動画をアップロードしました。

POV-Rayでレンダリングした360度用動画

(画像をクリックでYoutubeの動画へジャンプします)


使用環境


  • Mac OS X 10.9.5

  • POV-Ray 3.7

  • Blender 2.76 ※記事中では触れません

  • 360 Video Metadata Tool


やり方

要約すると以下の手順で行いました。

1. POV-Rayシーンの既述&レンダリング

2. 動画を作成(今回はBlenderを利用)

3. 360 Metadata Toolで360度動画のメタデータ埋め込み

4. Youtubeへアップロード


Pov-Rayでシーンの既述&レンダリング

任意のシーンを既述し、cameraの設定を以下のようにするだけです。

camera{

spherical
angle 360 180
}

レンダリングする画像の解像度はYoutubeの推奨


アスペクト比が 16:9 になるようにつなぎ合わせた動画を 4K(3840x2160)の解像度でアップロードすることをおすすめします。


にしたがって、3840x2160でレンダリングしました。


宣伝

MacのPov-Ray環境にはGUIがなかったのでSublime-text用のパッケージを作成しました。よろしければご利用ください。

[POV-Ray][SublimeText2]SublimeText用POV-Rayパッケージを作成しました


動画を作成

お好きなソフトウェアで動画にしてください。解像度は上記のように4K(3840x2160)にします。このとき、アップロードする動画の推奨エンコード設定に従ってmp4形式(h.264)の動画にしました。また、mp4でないと次の360 Metadata Toolで選択することができませんでした。


メタデータ埋め込み

360 Metadata Toolを360 度動画のアップロードからダウンロードしました。

起動後、動画を指定し「Spherical」のチェックボックスにチェックをしたらセーブすれば準備完了です。

360_metadata_tool.png

出来上がった動画をYoutubeへアップロードして、完了です。