Help us understand the problem. What is going on with this article?

【macOX 10.12 Sierra】起動ディスクを作成するには

More than 3 years have passed since last update.

必要なもの

インターネットに接続でき、HDD空き容量が十分なMac
8GB以上のUSBディスク(その他メディアでも可能かもしれませんが、未確認)

インストーラをダウンロード

MacのApp Storeアプリから「macOS Sierra」をダウンロードします。
ダウンロードボタンを押すと、アプリケーションフォルダにインストーラがダウンロードされますがサイズは4.77GBもあるので、回線によっては数時間かかるかもしれません。

インストーラーを中止

ダウンロードが完了すると、自動的にインストーラが起動します。
スクリーンショット 2016-09-21 17.07.10.png

メニューボタンから、終了してください。
スクリーンショット 2016-09-21 17.08.24.png

USBディスクを初期化

Macのアプリケーションであるディスクユーティリティを使って、準備したUSBディスクを初期化します。
USBドライブを選択したら「消去タブ」を選択します。
フォーマットするディスクに任意の名前を入力します。
フォーマット形式は、「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択します。
スクリーンショット 2016-09-22 13.49.48.png

ここでは、ディスクの名前を「Recovery Disk」としました。

ターミナルでディスク作成

ターミナルを起動します。
以下のコマンドを入力します。
長いのでコピー&ペーストが確実でしょう。

ターミナルコマンド
sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Recovery\ Disk --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app

ターミナルコマンドで、ディスクの名前を指定する箇所があります。
.../Recovery\ Disk/...の部分です。
フォーマット時に任意で指定したディスク名に空白(スペース)がある場合は、その直前に「\(バックスラッシュ)」を記述します。

起動ディスク完成

ターミナルコマンドが正しく実行されると、Macユーザアカウントのパスワードが求められるので、入力します。
ディスク作成にかかる時間は、環境によって左右されます。(およそ30 ~ 60minくらい?)

インストーラーを削除

ダウンロードしたインストーラーは、アプリケーションフォルダに残っています。
起動ディスクからmacOS10.12にアップデートすると、USBインターフェースのタイプによっては時間がかかるのでアプリケーションフォルダから上書きアップデートしてもいいかもしれません。
上書きアップデートしないなら、Macのディスク容量が勿体無いので削除しておきましょう。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away