Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでのRuby環境構築2020

MacでのRuby環境構築についてまとめます。改めて公式文書を読みながら進めたところ、今までやっていたことをスキップできる!と気づいたので、久々にQiitaに書こうと思います。

事前準備

動作確認環境

  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 ports)
  • Catalina 10.15.1

今回構築する環境の概要、ゴール

複数バージョンのRubyを管理するために、rbenv を使用します。インストールにはHomebrewを使います。
最終的に $ ruby --version で意図したバージョン名が表示されることを確認します。

前提

以下の環境であることを前提とします。

  • Homebrewを使えること
    • Homebrewがインストールできていない方は、 Homebrew を確認してインストールをお願いします
  • gitを使えること
    • Homebrewが使用できれば、 $ brew install git でインストール可能です。

rbenv環境構築

基本的に、https://github.com/rbenv/rbenv#installation にしたがって操作していきます。

1. rbenv のインストール

以下のコマンドを実行します。

$ brew install rbenv

rbenvがインストールされます。
同時に、 ruby-build もインストールされます。

2. rbenv のセットアップ

以下のコマンドを実行します。

$ rbenv init
# Load rbenv automatically by appending
# the following to ~/.zshrc:

eval "$(rbenv init -)"

上に書いたようなログが出力されています。指示通りに eval "$(rbenv init -)"~/.zshrc に書き込みます。
私の場合は、zsh を使用しているため、このようなログ(# the following to ~/.zshrc:)が出ていますが、お使いのシェルによって、どのファイルに書き込むかは(ログの内容も)変わってきます。

eval "$(rbenv init -)" を ~/.zshrc に書きむとは何を意味するのか
ちょっと話題がそれますが、簡単に説明しておきます。
zsh を使用している環境において ~/.zshrc ファイルに書き込まれた内容は、ログインしたときやターミナルを開いた時などに実行されます(ここでは詳しくは説明しません)。~/.zshrc ファイルに eval "$(rbenv init -) を書き込むということは、ログインするときやターミナルを開き直す度に、 eval "$(rbenv init -) を実行したい、ということになります。

3. ターミナル再起動

ターミナルを再起動することで、 ~/.zshrc ファイルが読み込まれます。
ターミナル再起動の代わりに、 $ source ~/.zshrc でも内容を反映することが可能です。

4. rbenvインストール環境確認

以下のコマンドを実行し、バージョンが表示されればrbenvのインストールは完了です。

$ rbenv
rbenv 1.1.2
...
...

ruby環境構築

インストールした rbenv を利用して ruby をインストールしていきます。
こちらも基本的に https://github.com/rbenv/rbenv#installing-ruby-versions にしたがって操作をします。

1. インストール可能なバージョンの確認

以下のコマンドで、インストール可能なrubyのバージョンを確認します。

$ rbenv install -l
1.8.5-p52
1.8.5-p113
1.8.5-p114
1.8.5-p115
1.8.5-p231
...
...
2.7.0
...
...

2. ruby のインストール

今回は現時点で stable (安定版)となっている2.7.0をインストールします。

$ rbenv install 2.7.0

また、全てのシェルでこのバージョンを使用したいため、global設定を行います。

$ rbenv global 2.7.0

3. ターミナルの再起動

特に手順には書いてありませんでしたが、私の環境ではターミナルの再起動を行うことで意図したバージョンのrubyを使えるようになりました。

4. rubyがインストールされたことを確認する

以下のコマンドで、rubyのバージョンを確かめます。

$ ruby --version

意図したバージョンになっていることが確認できれば、インストールは完了です。

参考

chihiro
jrits
信頼と魅力のある先進のITをもとに、お客様のワークスタイル・イノベーションの実現を目指します。
http://www.jrits.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした