初心者
Rails5
macOSHighSierra
Ruby2.5

Ruby初学者のRuby On Rails 環境構築【Mac】

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

Ruby初学者です。

まずはチュートリアルからRubyを学習しようと思い、どうせならとリリースされたRuby2.5.0でRuby on Railsの環境構築をしたので自分なりにまとめてみます。


参考までにマシンスペック


  • macOS High Sierra(10.13.2)

  • MacBook Air(Mid 2012) 古い。。。

  • Intel Core i5

  • メモリ 8GB

  • デフォ ruby 2.3.3p222 (2016-11-21 revision 56859)


構築手順


Command Line Toolsのインストール



  1. Appleのdeveloperアカウントページにログイン

  2. メニューからDownloadsやDownload Toolsを探してダウンロードページへ


  3. See more downloadsからダウンロードリストページへ

  4. OSに対応したCommand Line Toolsを探してダウンロード

  5. ダウンロードされた.dmgファイルをインストール


Homebrewのインストール

Homebrewがインストールされているか確認

$ brew -v

Homebrew 1.4.2
Homebrew/homebrew-core (git revision a678; last commit 2018-01-02)

インストールされていたら、、、アップデートする

$ brew update

インストールされていなければ、、、Homebrew macOS 用パッケージマネージャーのサイトでの手順に従ってコマンドをターミナルにコピペしてインストール


rbenvのインストール

rubyのバージョン管理ができるようにrbenvをHomebrewでインストール

rbenvがインストールされているか確認

$ rbenv -v

rbenv 1.1.1

インストールされていたら、、、アップデートする

$ brew upgrade rbenv

インストールされていなければ、、、下記コマンドでインストール


rbenvのインストール

$ brew install rbenv ruby-build



.bash_profileの設定

$ echo 'export PATH="~/.rbenv/shims:/usr/local/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile


Ruby2.5.0のインストール

インストール可能なRubyのバージョンを下記コマンドで確認

$ rbenv install --list

今回は2017年12月にリリースされた2.5.0をインストールする


Ruby2.5.0のインストール

$ rbenv install 2.5.0

$ rbenv global 2.5.0
$ rbenv rehash
$ ruby -v

インストール後に環境全体に有効なバージョンに2.5.0を指定しておき、バージョンが反映されているか確認する


Bundlerのインストール

Bundlerがインストールされているか確認

$ bundle -v

Bundler version 1.16.1

インストールされていたら、、、アップデートする

$ gem update bundler

インストールされていなければ、、、下記コマンドでインストールしてバージョンの確認


Bundlerのインストール

$ gem install bundler

$ bundle -v


MySQLのインストール

MySQLをインストールして起動する


MySQLのインストール

$ brew install mysql



MySQLの起動

$ mysql.server start

Starting MySQL
SUCCESS!


Railsのインストール

Railsをインストールし作業するディレクトリを作成する


作業ディレクトリの作成

$ mkdir ~/workspace

$ cd ~/workspace

Rubyのバージョンを指定する(今後のバージョン切り替えを考慮して念のため)


Rubyのバージョン指定

$ rbenv local 2.5.0


作業ディレクトリに.ruby-versionファイルが作成される

bundle initでGemfileを作成する

$ bundle init

Gemfileを編集し# gem "rails"をコメント解除する


Gemfile

# frozen_string_literal: true

source "https://rubygems.org"

git_source(:github) {|repo_name| "https://github.com/#{repo_name}" }

gem "rails"


Railsをインストールしてバージョン確認


Railsインストール

$ bundle install --path=vendor/bundle

$ bundle exec rails -v
Rails 5.1.4

Railsアプリを作成する。今回はRails をはじめようのblogのチュートリアルにつなげたいのでblogを指定


Railsアプリの作成

$ bundle exec rails new blog


Webサーバーを起動する


Railsアプリ起動

$ rails server



Yay! You're on Rails!

http://localhost:3000/ へブラウザアクセスするとRailsの画面が表示される

Rubyバージョンが2.5.0になっているはず。

スクリーンショット_2018_01_03_1_11.png



railsコマンドが使えないときにやったこと

もしrails serverが正常に動作しないときはこちらの方法で解消できました。

railsコマンドが使えないときにやったこと


参考サイト

[2017年]MacでRuby on Rails環境構築を理由も含めてきちんと教えちゃる![Ruby]

最速!MacでRuby on Rails環境構築

railsをインストールできない