Help us understand the problem. What is going on with this article?

fork元のリポジトリへの変更をforkしたリポジトリに反映する

More than 1 year has passed since last update.

20190429追記
わかりにくい表現を修正しました。
内容の変更はしていません。
追記ここまで

forkしたリポジトリのブランチを、fork元のリポジトリのブランチに追従させる、ということをGitコマンドで実行します。
このコマンドをJenkins等で実行することもできます。

※ここではGit初心者に役立つ「よく使うコマンド集」②で紹介したコマンドを使用しています。

0.今回の環境

fork元のリポジトリ名:fork_master
追従したいブランチ:develop
forkしたリポジトリのリモートリポジトリ名:origin

1.fork元のリポジトリがリモートリポジトリとして存在しなければ、リモートリポジトリとして追加する

1.リモートリポジトリの一覧を表示して確認します。

$ git remote

origin    # forkしたリポジトリのみリモートリポジトリとして登録済み

2.fork元のリポジトリを「fork_master」という名前で追加します。

$ git remote add fork_master <url> 

3.追加されていることを確認します。

$ git remote

origin
fork_master  

2.fetch

1.fork元のリポジトリをfetchします。

$ git fetch fork_master  

3.fork元のリポジトリの追従したいブランチのローカルブランチを作成する

1.「fork_master_develop」という名前でローカルブランチを作成します。

$ git checkout -b fork_master_develop fork_master/develop

2.ブランチの一覧を表示して確かめてみます。

$ git branch -a

* fork_master_develop
...
...
...

4.追従するブランチを最新化

1.forkしたリポジトリのブランチ(fork元の変更を取り込みたいブランチ)を最新化しておきます。

$ git checkout develop
$ git pull origin develop

5.マージ

1.forkしたリポジトリのブランチにfork元のリポジトリのブランチをマージします。

$ git branch
* develop
...
...

$ git merge --no-ff fork_master_develop

6.push

1.forkしたリポジトリのブランチをpushします。

$ git push origin develop

以上です。
ちなみに3の手順はなくてもできます。
ローカルにリポジトリを作成せずに、リモートブランチを追従したいブランチに直接マージすればよいです。

chihiro
jrits
信頼と魅力のある先進のITをもとに、お客様のワークスタイル・イノベーションの実現を目指します。
http://www.jrits.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした