search
LoginSignup
15

More than 5 years have passed since last update.

posted at

LightTable + JewelでJuliaの環境を作る

JuliaTokyoでもAndre Pemmelaarさんから、Juliaを使うならこのエディタ!という話のあったLightTableを導入してみました。

Cmd+Enterで実行結果が確認できるので、感覚的にはRubyで言うところのPry付きのエディターという感じですね。

スクリーンショット 2014-07-06 23.08.03.png

導入

予め、Julia v0.3系を入れておく。

公式サイトへ行き、ダウンロードしてくる

Ctrl+Spaceで補助画面がでてくるので、そこで"show plugin"と入れると適当に補完されて、Plugin managerを起動できる。

Juliaプラグイン入れたら、LTの再起動をして、Jewelの説明を読みながら設定していく。

(ついでにEmacsバインドにもしておいた)

といっても、大事なところとしては、補助画面から選べる"user behavior"に下記の設定を加えること。

     :app [(:lt.objs.style/set-skin "dark")
           (:lt.objs.langs.julia/julia-path "/path/to/julia")]

これで、再起動をすれば大丈夫。

スクリーンショット 2014-07-06 23.18.18.png

このように補完されたり、Cmd+Enterで評価したりできる。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
15